ホテル天王

新潟県長岡市川口相川にひっそりと佇む廃墟、個性的な部屋が並んでいる中、今やこの場所は恐怖と怪異の舞台となっているという。今回は、ホテル天王のウワサの心霊話を紹介する。

ホテル天王とは?

ホテル天王は、新潟県長岡市川口相川にある貸し別荘。(昭和のモーテルといった感じである)

一般的にはラブホテルのような利用をしていた者もいるようだ。

「和風 天王荘」「和風 りんとう荘」「洋室 白ばら荘」「中国 紅梅荘」などがある。

入り口が坂になって直角で車で出入りした際に危険であったそう。

部屋の中は割と綺麗な状態で残されており、壁には裸の女性の絵画が飾られている部屋もある。

隠れ家的ホテルのように利用していた者もいるようで、冷蔵庫のサービス品はたくさんあったようである。

休憩2時間なども利用できた。

お風呂は古い作りであるが、ベットに赤いベットカーテンがあるムーディーな雰囲気の部屋「中国 紅梅荘」もある。

それぞれの部屋は特徴的な部屋の作りとなっている。

家電製品もそのまま残されており、古いブラウン管のテレビや昭和のレトロな電話、敷地内に廃車が未だ置かれている。

ホテル天王の心霊現象

ホテル天王の心霊現象は、

  • 部屋の奥から複数の囁き声が聞こえる
  • 鏡に人影が映る
  • 訪問者を拒む声が聞こえる

である。かつては、休憩所などラブホテルとしても利用され、「和風 天王荘」「和風 りんとう荘」「洋室 白ばら荘」「中国 紅梅荘」といった特徴的な部屋が並んでいた。

ここで何が起こったのかは誰も知らないのだが、探索者たちの間でささやかれる不気味なウワサが絶えない。

特に「中国 紅梅荘」という部屋は、怪異の中心として語り継がれているという。

ある日、この廃墟ホテルを探索した者が「中国 紅梅荘」に足を踏み入れました。

その瞬間から、背筋に冷たいものが走り、嫌な予感が押し寄せてきたらしい。

しかし、好奇心に負けて部屋に入ると、奥から複数の人の話し声が聞こえてきたのである。

はっきりとした言葉ではなく、囁き声が重なり合うような音であった。

誰かがいるのかと思い、急いで外に出て確認したが、周囲には誰もいない。

再び部屋に戻ると、先ほどの囁き声は消えていたが、今度は部屋にある丸い鏡に目が引き寄せられた。

鏡に映る自分の姿の背後に、一瞬ですが確かに人影が見えた気がしたのである。

その瞬間、全身が凍りつき、恐怖が込み上げてきた。

心拍が速くなる中、部屋を見回すと、どこからともなく冷たい風が吹き込み、耳元で誰かの囁き声が再び響き渡る。

「ここから出ていけ…」という声が聞こえた瞬間、私は全力でその部屋を飛び出したのだ。

ホテル天王には、何か得体の知れない力が宿っているのかもしれない。

廃墟となった今でも、探索者たちは奇妙な現象に遭遇し、不気味な体験を語る。

この場所に足を踏み入れる者は、決して軽い気持ちで行ってはいけないのだ。

恐怖の存在があなたを待ち受けているかもしれないのである。

ホテル天王の場所・アクセス・地図

ホテル天王の住所 日本、〒949-7507 新潟県長岡市川口相川1043−18
交通アクセス 新潟市から北陸自動車道 経由で1時間10分
最寄りのバス停 天納(徒歩3分)国道17号 経由
最寄り駅 越後川口駅(徒歩44分)国道17号 経由

ホテル天王の地図(Googleマップ)

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

最近の記事

  1. 首吊り鉄塔
  2. 海沢隧道
  3. 小平霊園
  4. 三宝寺池
  5. 戸山公園

【管理人】狐憑きのたる

 

 

全国のウワサの心霊スポットを調査し、その魅力と恐怖を皆さんにお届けしています。