高石第二隧道

新潟県五泉市に位置する高石第二隧道。その暗闇に包まれた中で、雨の日にだけ響く水色のワンピースを身にまとった女性の泣き声が、周囲を恐怖に満たしているという。今回は、高石第二隧道のウワサの心霊話を紹介する。

高石第二隧道とは?

高石第二隧道は、新潟県五泉市小面谷にある廃隧道で、かつては県道三川村松線(旧・高石村松線)の一部であった。

1935年に最初の隧道が完成し、1958年に改修された。

全長87.4mで、幅は4.5mである。

隧道はコンクリートで作られており、村松側(新潟側)には入口までアクセスできる状態で、扁額には「高石第二隧道」および竣工年が記されている。

ただし、現在はバリケードで封鎖されており、内部は水没している。

一方、高石側(三川側)は旧道がバリケードで封鎖され、藪に埋もれている。

出口にはロックシェッドが設置され、隧道内では複数箇所で崩落が起き、危険な状態。

また、隣接する高石第一隧道は、短い隧道だったが、1970年代後半に土砂崩れにより崩落し、跡形もなくなっている。

高石第二隧道の心霊現象

高石第二隧道の心霊現象は、

  • 雨の日に水色のワンピースの女性の霊が出る

である。五泉市村松公園から早出川ダムへと向かう途中、バリケードで封鎖された廃トンネルがその姿を現す。

太陽の光が遮られ、入口に立つ者を恐怖が包み込む。

手彫りの白い岩肌は不気味な存在感を放ち、トンネル内に霧が立ち込め、恐ろしい静寂が支配する。

天井からは恐ろしい岩が断片的に落下し、歩みを阻むらしい。

しかし、それ以上に恐ろしいのは、そのトンネルでの心霊現象だ。

雨の日になると、トンネル内から水色のワンピースを身に纏った女性の泣き声が聞こえるという。

その泣き声は絶望と苦しみの証であり、周囲を恐怖に包み込む。

この地域は他にも廃墟やトンネル、ダム、峠など、不気味な存在が点在している。

それらは人知を超えた恐怖の渦となり、この地を呪われた場所へと変えているのだろうか。

果たして、その泣き声の主は、人間なのか、それとも…?

幽霊の呼び声、廃トンネルの心霊体験

夜、五泉市の村松公園から早出川ダムに向かう途中の道路沿いに、入り口がバリケードで塞がれた廃トンネルがあった。

このトンネルは不気味な雰囲気がただよい、そこに近づく者の背筋を凍りつかせるような雰囲気を漂わせていた。

ある晩、翔太と友人たちがそのトンネルの前で立ち止まっていた。

彼らは不気味なウワサを聞き、トンネルに対する恐怖心を感じながらも、その内部に興味を抱いていた。

翔太「このトンネル、夜になると怖い話があるって聞いたんだ。」

友人A「ワクワクするな。本当に何かが出るのか?」

瑠美「あんなところに何がいるっていうの?」

その時、風が吹き、トンネルの入り口で不気味な影が見えた。

彼らはゾクッとした。

翔太「何かがいるぞ!」

友人A「冗談だろう、そんなこと…」

影がますます近づき、トンネル内から泣き声が聞こえ始めた。

瑠美「待って、あれって…女の泣き声?」

翔太「怖い…逃げよう!」

彼らはトンネルを抜けようとしたが、泣き声は彼らについてきた。

友人A「何かが追いかけてくる気がする!」

トンネルの中で、薄い水色のワンピースを着た女性の影が見えた。

瑠美「あ、あれは…!」

影がますます近づき、彼らに触れようとしてきた。

友人A「逃げろ!」

彼らは必死にトンネルを抜けようとするが、泣き声は止まらない。

そして、その影が彼らに迫ってくる。

翔太「助けてくれ!」

トンネルを抜けると、彼らの周りは静まり返っていた。

高石第二隧道の場所・アクセス・地図

高石第二隧道の住所 日本、〒959-1724 新潟県五泉市笹目
交通アクセス 新潟市から日本、〒959-1724 新潟県五泉市笹目で59分
最寄りのバス停 村松公園前(徒歩2時間11分)県道17号 経由
最寄り駅 五泉駅(徒歩3時間14分)県道403号 と 県道17号 経由

高石第二隧道の地図(Googleマップ)

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

最近の記事

  1. 水元公園
  2. 八王子城跡
  3. 青蓮寺湖
  4. 九十九橋
  5. 魚津城跡
  • ハルシオン 2023年7月16日 at 9:33 PM on パチンコ新天地(廃パチンコ店)|ウワサの心霊話先月通りかかったら、どうやら解体が始まったのか建物が壊されていましたね。 昨年の春、深夜3時過ぎにこそっと忍び込んだことがあるのですが、30年近く前のパチスロが出入口に捨てられ無惨な姿になっているのを見てゾクッとしました。残されたままのイス、ぽつりと残されたドル箱、閉店直前から止まったままのカレンダー、いろんなものに寂しさを感じました。 オープン当時は経済としてのバブルは崩壊真っ只中でしたが、奇しくもこの頃は空前のパチスロブーム到来の時期でもありパチンコ業界にとってはバブル期でした。当時の道路交通事情がよく分からないのでなんとも言えませんが、今となってはこんな場所に客集まるのか?と疑ってしまうような無謀な立地に感じました。10年足らずで潰れてしまったことを考えても、案の定やはりこの「新天地」を選んだのは間違いだった、のかもしれませんね…。
  • にーと 2023年10月10日 at 1:49 PM on 亀石峠|ウワサの心霊話その少年、私の親戚の友人…かもしれないです。 遠い親戚なんですけど、話を聞くと「虫取りをしてくる」と4時くらいに言い、帰ってこなかったそうです。 ランニングシャツというのは、もしかしたら少年期によく着たタンクトップなのかもしれないです…
  • Shawn Barclay 2022年10月18日 at 2:35 PM on ヒートゥー島|ウワサの心霊話翻訳で申し訳ありませんが、神社がどのように乱れたかを知りたいです。 神社へのお供えは? 神社にはまだ提灯や龍の花瓶がありますか? ノロワ島に戻って神社の写真を撮ってもらえませんか? 可能であれば補償する(あなたのためのお金) そこに戻ることに懸念がある場合は、問題ありません。 お知らせ下さい。 Best Regards,
  • なな 2024年4月6日 at 12:46 PM on 海風洋館プルメーリア(プルメリア)|ウワサの心霊話心霊ユーチューバー オウマガドキ そこでも プルメリア紹介されてます。 女の霊がしっかり写ってました。怖すぎです
  • TomTom兄やん 2024年5月13日 at 11:42 PM on 白子漁港|ウワサの心霊話三重県鈴鹿市白子に「野首谷」というバス停は昔も今も存在しません…。(ω・ )ゝ 「野首谷」というバス停があるのは鹿児島県です…。(ω・ )ゝ

【管理人】狐憑きのたる

 

 

全国のウワサの心霊スポットを調査し、その魅力と恐怖を皆さんにお届けしています。

 

幼少期から霊感が強く、沖縄ではサーダカー。(高生まれ)数年前に狐に憑かれたことから、狐憑きのたるという名にしています。