野方第3踏切

野方第3踏切は、西武新宿線に位置する一見普通の踏切ですが、その周囲には不気味な空気が漂っているという。今回は、野方第3踏切のウワサの心霊話を紹介する。

野方第3踏切とは?

西武新宿線に位置する「野方第3号踏切」は、通常の踏切でありながらも、その周囲には特別な雰囲気が漂っている。

歩行者も多く、日々利用されていますが、この踏切は南向きの一方通行となっている。

踏切の前には、「くぐるな危ない」といった警告の看板が立てられており、「電車に物を投げないでください」という注意が呼びかけられている。

この野方第3号踏切には、西武新宿線の野方駅から都立家政駅の間で起きた人身事故に関連するとされる霊的な出来事が、報告されている。

野方第3踏切の心霊現象

野方第3踏切の心霊現象は、

  • 夜になると身体が金縛りにあったかのように動けなくなる現象が頻発
  • 不気味な雰囲気に恐怖を感じ、不吉な衝動に駆られる

である。西武新宿線野方駅のすぐそばにある踏切は、表面的には普通の風景だが、その裏には恐ろしい秘密が潜んでいる。

ここでは、自殺や誤進入による悲劇が絶え間なく起こり、既に5人もの人々がこの場所で命を絶っている。

その中には、ある老婆が誤って踏切に進入し、その後、首から上の遺体が見つからず、近隣の庭で腐敗しているのが発見されたという衝撃的な事例も含まれている。

さらに、1年前の事故では、急行電車との衝突で遺体が500mも跳ね飛ばされ、損傷が激しかったとされている。

この場所には、自殺者の霊が封じられているのではないかとウワサされ、夜になると身体がまるで金縛りにあったかのように動けなくなるという不気味な現象が頻発しているという。

近隣住民は日々この踏切を通るが、その不吉な雰囲気に恐怖を覚えている。

仲間や知人も同様に、なぜかその場所で飛び込みたくなる衝動に駆られることがあり、近くの店の人々も自殺を防ぐために命がけで立ち向かうことがあるという。

野方第3踏切の地図(Googleマップ)

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

最近の記事

  1. 首吊り鉄塔
  2. 海沢隧道
  3. 小平霊園
  4. 三宝寺池
  5. 戸山公園

【管理人】狐憑きのたる

 

 

全国のウワサの心霊スポットを調査し、その魅力と恐怖を皆さんにお届けしています。