千曲公園と半過洞門

長野県上田市にある半過洞門と千曲公園は、心霊現象が起こるとして知られている。自殺者の霊が出ると云われ、特に半過洞門では自殺者が天井に激突することが多いとされているそうだ。今回は、千曲公園と半過洞門のウワサの心霊話を紹介する。

千曲公園と半過洞門とは?

半過洞門

半過洞門は、長野県上田市にある県道77号線のトンネル。トンネルは、半過岩鼻(はんがいわばな)と呼ばれる断崖絶壁の下にある。

このトンネルは、昭和31年(1956年)に車や人々を落石から守るために建てられた。だが、大きな崩落があったため、平成8年(1996年)に廃道となったそうだ。

千曲川の両岸で崖同士が向かい合う岩鼻(いわばな)は、美しい景色が広がる場所である。

千曲川右岸の崖を下塩尻岩鼻(しもしおじりいわばな)または塩尻岩鼻(しおじりいわばな)、左岸の崖を半過岩鼻と呼んでいる。これは、『源平盛衰記』にも登場する場所で、長野県の天然記念物。

千曲公園

千曲公園は、断崖の上にある素晴らしい公園で、自然に囲まれている。

ここからは、千曲川の壮大な流れや市街地を一望できる。春には、夜桜と夜景をボンボリで照らした美しい景色を楽しむことができる。

<伝説>

遠い昔の話。上田の西には岩山が広がり、上田の盆地は水に満たされた湖だった。

岩山のさらに西には豊かな田畑が広がっていた。ある時、ねずみの大群が現れて作物を荒らし始めた。

「中国には、ねずみを怖がる猫がいると聞いたことがあるよ。」という話を聞いた人々は、猫を連れてきてねずみたちを追い払った。

だが、追われたねずみの群れは湖の岸の岩山をかじってしまい、湖の水は「千曲川」となり、岩山は北側が「塩尻岩鼻」、南側が「半過岩鼻」と呼ばれるようになったのである。

千曲公園と半過洞門の心霊現象

千曲公園と半過洞門の心霊現象は、

  • 自殺者の霊が出る

である。千曲公園からは、たくさんの人が自殺のために飛び降りてしまっていると云われている。

そのうちのほとんどは、半過洞門の天井に激突して命を落としているようだ。

そのため、この場所では自殺者の霊が出るとか、車で通過すると上から霊が車の上に落ちてくると云われている。

同様の理由から、千曲公園も心霊スポットとして知られている。

現在、半過洞門は廃道となっており、あまり人が訪れることはない。

遺体が見つかるまで時間がかかるため、自殺者の霊が現れるのは、自分の遺体の場所を教えたいからなのではないかという話もある。

千曲公園と半過洞門の場所・アクセス・地図

千曲公園と半過洞門の住所(どちらも近いため1つの住所) 日本、〒386-1106 長野県上田市小泉2670 千曲公園
交通アクセス 長野市から上信越自動車道 経由で約40分
最寄りのバス停 宮嶋(徒歩32分)国道143号 経由
最寄り駅 西上田駅(徒歩41分)上田坂城バイパス/国道18号 経由

千曲公園の地図(Googleマップ)

半過洞門の地図(Googleマップ)

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

最近の記事

  1. 首吊り鉄塔
  2. 海沢隧道
  3. 小平霊園
  4. 三宝寺池
  5. 戸山公園

【管理人】狐憑きのたる

 

 

全国のウワサの心霊スポットを調査し、その魅力と恐怖を皆さんにお届けしています。