緑のペンション

謎に包まれた廃墟、緑のペンション――静寂がその内部に満ち、かつての面影が崩れた建物は、不気味な雰囲気を醸し出している。果たして、その中には何が潜んでいるのだろうか。今回は、緑のペンションのウワサの心霊話を紹介する。

緑のペンションとは?

緑のペンションは、新潟県妙高市田口に位置し、県道39号線沿いにひっそりと佇んでいる。

木々に囲まれた場所に立つ2階建ての建物は、古い日本家屋のような趣きを漂わせている。

建物の外観は、かつては活気があったことをうかがわせるものの、現在は荒廃が進んでおり、屋根の一部が崩れ落ち、壁面には藤が這い上がり、窓ガラスは割れてしまっている。

このペンションは、1970年代後半から1980年代に開業したと考えられていている。

しかし、1993年の電話帳には「ペンション・ロッキー」という名前が記載されており、これが同じ施設である可能性があるらしい。

その後、バブル景気の後に廃業したとみられている。

2014年以降は、積雪によって屋根の一部が崩れ落ち、建物の朽ちた状態が露わになっていた。

近年では、崩壊が進み、建物の背部が特に激しく損傷しており、内部がむき出しになっている。

廃墟の中には、かつての面影を残す家具や物品が散乱しており、その様子はまるで廃墟特有の荒廃感が漂っている。

緑のペンションの心霊現象

緑のペンションの心霊現象は、

  • 詳細不明の霊が出る

である。国道18号線から赤倉温泉に向かう峠道の途中、青々とした森に囲まれた中に、不気味な建物がひっそりと佇んでいた。

その建物は、かつては三角屋根のペンションらしきものだったが、今や朽ち果てて荒廃し、その姿はまるで廃墟である。

屋根は雪の重みで崩れ、壁面には草木がはびこり、窓ガラスも割れ、静寂がただよっている。

夜になると、その廃墟からは不気味な雰囲気がただよい、ただの廃墟ではない何かが潜んでいるような錯覚に襲われる。

この廃墟は心霊スポットとして有名ではないが、夜になるとなおさらその恐ろしさが際立ち、周囲に立ち込める暗闇と共に、恐怖が心を支配するだろう。

このような廃墟が妙高周辺に多く存在し、その背後には様々な不気味なウワサが立ち込めている。

実際、この廃墟に住んでいた者は、新築で建てたばかりだが、幽霊を見てしまったと言い、恐怖に襲われたため、早々に引っ越してしまったという話もあるようだ。

廃墟の奥深くに潜む異形の声

暗闇に包まれた廃墟の中、湿った地面が足音を吸い込み、不気味な響きを響かせる。

大志と友人たちは、手に持った懐中電灯の光で周囲を照らしながら進んでいく。

廃墟の壁面には、蔦がからまり、窓ガラスは割れて地面に散らばっている。

その向こうからは、風がゆらゆらと廃墟の内部に吹き込んでいた。

すると、突如として、廃墟の奥深くからかすかな声が聞こえ始めた。

それは人の声ではなく、何か異形の存在が発するものだった。

大志たちは恐怖に身を震わせながら、その声の方向に近づいていく。

廃墟の中を進むと、そこには怪しげな影が浮かび上がっていた。

薄闇に包まれた廃墟の中で、その影はまるで幽霊のように立ち現れ、大志たちをじっと見つめているかのようだった。

彼らは震える手で懐中電灯を照らし、その影の正体を探る。

しかし、その影は突然動き出し、廃墟の闇に消えてしまった。

大志たちは心臓が高鳴り、背筋が凍りつく感覚に襲われながらも、その場を後にした。

廃墟の外に出ると、深い夜の闇が彼らを包み込んでいた。

彼らはその日の体験を語り合い、廃墟には何か不可思議な力が潜んでいることを確信したのである。

緑のペンションの場所・アクセス・地図

緑のペンションの住所 日本、〒949-2106 新潟県妙高市田口
交通アクセス 新潟市から北陸自動車道 経由で2時間3分
最寄りのバス停 森林公園入口(徒歩5分)県道39号 経由
最寄り駅 妙高高原駅(徒歩39分)県道39号 経由

緑のペンションの地図(Googleマップ)

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

最近の記事

  1. 水元公園
  2. 八王子城跡
  3. 青蓮寺湖
  4. 九十九橋
  5. 魚津城跡
  • ハルシオン 2023年7月16日 at 9:33 PM on パチンコ新天地(廃パチンコ店)|ウワサの心霊話先月通りかかったら、どうやら解体が始まったのか建物が壊されていましたね。 昨年の春、深夜3時過ぎにこそっと忍び込んだことがあるのですが、30年近く前のパチスロが出入口に捨てられ無惨な姿になっているのを見てゾクッとしました。残されたままのイス、ぽつりと残されたドル箱、閉店直前から止まったままのカレンダー、いろんなものに寂しさを感じました。 オープン当時は経済としてのバブルは崩壊真っ只中でしたが、奇しくもこの頃は空前のパチスロブーム到来の時期でもありパチンコ業界にとってはバブル期でした。当時の道路交通事情がよく分からないのでなんとも言えませんが、今となってはこんな場所に客集まるのか?と疑ってしまうような無謀な立地に感じました。10年足らずで潰れてしまったことを考えても、案の定やはりこの「新天地」を選んだのは間違いだった、のかもしれませんね…。
  • にーと 2023年10月10日 at 1:49 PM on 亀石峠|ウワサの心霊話その少年、私の親戚の友人…かもしれないです。 遠い親戚なんですけど、話を聞くと「虫取りをしてくる」と4時くらいに言い、帰ってこなかったそうです。 ランニングシャツというのは、もしかしたら少年期によく着たタンクトップなのかもしれないです…
  • Shawn Barclay 2022年10月18日 at 2:35 PM on ヒートゥー島|ウワサの心霊話翻訳で申し訳ありませんが、神社がどのように乱れたかを知りたいです。 神社へのお供えは? 神社にはまだ提灯や龍の花瓶がありますか? ノロワ島に戻って神社の写真を撮ってもらえませんか? 可能であれば補償する(あなたのためのお金) そこに戻ることに懸念がある場合は、問題ありません。 お知らせ下さい。 Best Regards,
  • なな 2024年4月6日 at 12:46 PM on 海風洋館プルメーリア(プルメリア)|ウワサの心霊話心霊ユーチューバー オウマガドキ そこでも プルメリア紹介されてます。 女の霊がしっかり写ってました。怖すぎです
  • TomTom兄やん 2024年5月13日 at 11:42 PM on 白子漁港|ウワサの心霊話三重県鈴鹿市白子に「野首谷」というバス停は昔も今も存在しません…。(ω・ )ゝ 「野首谷」というバス停があるのは鹿児島県です…。(ω・ )ゝ

【管理人】狐憑きのたる

 

 

全国のウワサの心霊スポットを調査し、その魅力と恐怖を皆さんにお届けしています。

 

幼少期から霊感が強く、沖縄ではサーダカー。(高生まれ)数年前に狐に憑かれたことから、狐憑きのたるという名にしています。