ホテルM

阿賀町の片隅に佇む、かつての栄光を失いし廃墟、それがホテルM。外観のピンクと白が淡く輝くその姿は、かつて多くの旅人を魅了したが、今やその内部には不気味な存在が潜むという。今回は、ホテルMのウワサの心霊話を紹介する。

ホテルMとは?

阿賀町にあるホテルMは、1976年に建設された二階建ての宿泊施設である。

国道49号線沿いに位置し、その外観は淡いピンクと白の色合いが特徴的。

全10室で構成されており、一階がガレージスペース、二階が客室という配置だ。

ホテルMでは、フリータイムや休憩、宿泊の各種利用プランが提供されていた。

料金は、フリータイムで3700円、休憩で3700円、宿泊で4800円となっている。

このホテルには、営業当時から心霊現象が起きるとのウワサがある。

閉業時期は明確ではありませんが、2007年の電話帳には記載があり、2011年には建物が朽ち果て、閉業していたと思われる。

しかし、2019年5月現在でも建物は残っており、管理が行われている。

外壁には経年劣化が見られますが、大規模な損壊はなく、まだ現存している。

ホテルMの心霊現象

ホテルMの心霊現象は、

  • 金縛りに遭う
  • シャワーが勝手に出る
  • ドアをノックする音が聞こえる
  • ラップ音が聞こえる
  • 体調不良になる

である。阿賀町の国道49号線沿いに佇む廃墟となったホテルMは、かつて営業していた頃から、謎めいた心霊現象が頻発していたとされている。

夜中に眠っていると、不気味な金縛りに遭ったり、浴室のシャワーが勝手に作動してしまったり、静かな宿泊室で突然ドアをノックするような音が聞こえたりと、不可思議な出来事がしばしば報告されていた。

特に、アジアンテイストの部屋では、その特異な雰囲気からか、不気味なラップ音が頻繁に聞かれたと云われている。

そして、一部の利用者は、霊的な影響によって十分な睡眠をとることが難しく、不安と苦悩にさいなまれたとも伝えられている。

現在は、かつての栄華を失い、荒廃した姿を晒している。

閉鎖された状態で放置され、時の経過と共にその謎めいた過去を偲ぶのみである。

廃墟ホテルM 闇に蝕まれし恐怖の宿

新潟県東蒲原郡阿賀町の片隅に佇む、廃墟ホテルM。

その姿はまるで死者の呻きがそこに宿るかのように、冷たく闇に沈んでいる。

日が暮れ、ホテルMの前には荒涼とした風景が広がる。草木はひしめき、木々の葉が風に揺れるたびに、まるで幽霊が住む森のさざめきを奏でるかのようだ。

そんな中、誠一と花子という二人の若者が、夕闇に包まれた廃墟の中へと足を踏み入れようとしていた。

足元には朽ち果てた廃墟の建物がそびえ立ち、その影が不気味に廊下を覆っている。

暗闇に飲み込まれた廃墟の中、二人の足音が唯一の響きを作り出す。

しかし、それ以上の音はない。

ただ、時折、風が廃墟の隙間を吹き抜け、異様なざわめきをもたらす。

誠一「ここがMホテルか…」

花子「もう帰りたい…」

誠一の声が廃墟に響くが、それに応えるように、廃墟の影が揺らめき、その中から不気味な声がこだまする。

不気味な声:「…誰かしら…」

花子はその声に震えながらも、足を止めない。

彼女の足取りは急速に鈍り、不安と恐怖が心を支配する。

しかし、彼女の好奇心が彼女を導いていく。

花子:「何か、変…」

その時、廃墟の奥から聞こえる音がより一層異様に響いた。

それは、まるで生き物の呻き声が廃墟の中に満ちるかのような音色だった。

誠一:「…ここまで来たんだ、逃げるわけにはいかない。」

しかし、彼らの言葉はただの口実に過ぎなかった。

廃墟の中には、彼らが知らぬ間に、何かが潜んでいるような気配が漂っていたのである。

ホテルMの場所・アクセス・地図

ホテルMの住所 日本、〒959-4631 新潟県東蒲原郡阿賀町取上4031
交通アクセス 新潟市から国道459号/国道49号 経由で46分
最寄りのバス停 小松(徒歩1時間7分)国道459号/国道49号 経由
最寄り駅 東下条駅(徒歩16分)国道459号/国道49号 経由

ホテルMの地図(Googleマップ)

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

最近の記事

  1. 水元公園
  2. 八王子城跡
  3. 青蓮寺湖
  4. 九十九橋
  5. 魚津城跡
  • ハルシオン 2023年7月16日 at 9:33 PM on パチンコ新天地(廃パチンコ店)|ウワサの心霊話先月通りかかったら、どうやら解体が始まったのか建物が壊されていましたね。 昨年の春、深夜3時過ぎにこそっと忍び込んだことがあるのですが、30年近く前のパチスロが出入口に捨てられ無惨な姿になっているのを見てゾクッとしました。残されたままのイス、ぽつりと残されたドル箱、閉店直前から止まったままのカレンダー、いろんなものに寂しさを感じました。 オープン当時は経済としてのバブルは崩壊真っ只中でしたが、奇しくもこの頃は空前のパチスロブーム到来の時期でもありパチンコ業界にとってはバブル期でした。当時の道路交通事情がよく分からないのでなんとも言えませんが、今となってはこんな場所に客集まるのか?と疑ってしまうような無謀な立地に感じました。10年足らずで潰れてしまったことを考えても、案の定やはりこの「新天地」を選んだのは間違いだった、のかもしれませんね…。
  • にーと 2023年10月10日 at 1:49 PM on 亀石峠|ウワサの心霊話その少年、私の親戚の友人…かもしれないです。 遠い親戚なんですけど、話を聞くと「虫取りをしてくる」と4時くらいに言い、帰ってこなかったそうです。 ランニングシャツというのは、もしかしたら少年期によく着たタンクトップなのかもしれないです…
  • Shawn Barclay 2022年10月18日 at 2:35 PM on ヒートゥー島|ウワサの心霊話翻訳で申し訳ありませんが、神社がどのように乱れたかを知りたいです。 神社へのお供えは? 神社にはまだ提灯や龍の花瓶がありますか? ノロワ島に戻って神社の写真を撮ってもらえませんか? 可能であれば補償する(あなたのためのお金) そこに戻ることに懸念がある場合は、問題ありません。 お知らせ下さい。 Best Regards,
  • なな 2024年4月6日 at 12:46 PM on 海風洋館プルメーリア(プルメリア)|ウワサの心霊話心霊ユーチューバー オウマガドキ そこでも プルメリア紹介されてます。 女の霊がしっかり写ってました。怖すぎです
  • TomTom兄やん 2024年5月13日 at 11:42 PM on 白子漁港|ウワサの心霊話三重県鈴鹿市白子に「野首谷」というバス停は昔も今も存在しません…。(ω・ )ゝ 「野首谷」というバス停があるのは鹿児島県です…。(ω・ )ゝ

【管理人】狐憑きのたる

 

 

全国のウワサの心霊スポットを調査し、その魅力と恐怖を皆さんにお届けしています。

 

幼少期から霊感が強く、沖縄ではサーダカー。(高生まれ)数年前に狐に憑かれたことから、狐憑きのたるという名にしています。