ドンチ池

西霊園の深夜、どんち池の恐怖が襲い掛かる。車のラジオがノイズを発し、不気味なうめき声が聞こえるという、この池にまつわる心霊現象とは一体何なのだろうか。今回は、ドンチ池(論地池)のウワサの心霊話を紹介する。

ドンチ池(論地池)とは?

新潟市西区の中権寺地域(赤塚の地籍)に位置するのが、どんち池である。

周囲は森や墓地で囲まれ、池に至る道は整備されていない。

ドンチ池の植物

1990年代には、この池周辺に約170種の植物が確認された。

水生植物の他にも、平地や低山地、海岸に生息する植物などが見られる。

さまざまな言い伝え

この池は、土地や水の権利を巡って論争があった場所で、「論地池(ろんちいけ)」とも呼ばれている。

江戸時代には赤塚村と内野村の水論の場となったと云われている。

その他にも「尼池(あまいけ)」「グランド池」とも呼ばれている。

この池には尼寺が沈んでいるという伝説や、幽霊や河童の話など、さまざまな秘話や伝説が残されているのである。

基本データ

ドンチ池(論地池)の基本データを以下となる。

  • 面積:約0.3ha
  • 水面標高:T.P.+2.6m
  • 水源:湧水
  • 潟(湖沼)のタイプ:砂丘湖(砂丘体のくぼ地にできた水面)

また、ドンチ池は西区中権寺地域(赤塚の地籍)にあり、面積は0.3ha。

主な水源は湧水で、県道新潟~寺泊線、下谷内バス停から徒歩5分ほどの場所に位置している。

池への近道は整備されておらず、東側と南側には墓地が広がっており、そこを通るけもの道しかない。

地元の人でも場所を知らない者が多いのが特徴である。

ドンチ池(論地池)の心霊現象

ドンチ池(論地池)の心霊現象は、

  • 車のラジオがノイズを発する
  • 異様なうめき声が聞こえる

である。新潟市西区の内野にある西霊園には、恐ろしい伝説がある「ドンチ池」が存在する。

この池は、鬱蒼とした森に取り囲まれ、昼間でも不気味な雰囲気が漂っているとされる。

古来から、この池にはカッパが棲んでおり、首吊り自殺や入水自殺など、数々の恐ろしい事件が起きてきた。

さらに、池の奥には廃屋があり、その中には不気味な日本人形が無数に並べられているという。

ある晩、若者たちが肝試しで西霊園を訪れた際、我々が霊園に到着した途端、車のラジオがノイズを発し、男女を識別できないような異様なうめき声が聞こえてきたという話がある。

恐怖に怯えた若者たちは、その日はすぐに帰宅したが、後日再び霊園を訪れることになった。

再び到着した霊園では、異常な現象は見られなかったが、ドンチ池の存在感は依然として怖さを感じさせた。

そして、若者たちはついにどんち池にたどり着いた。

真夜中の池は、漆黒の闇に包まれ、そこに何が潜んでいるか分からない恐怖に満ちていた。

探索を続ける中、カエルの鳴き声と共に、林の中から異様な音が聞こえたという。

その音は、若者たちに近づいてくるような気配を感じさせ、恐怖が一層増していった。

池の周りに広がる森の中には、池に向かう小道が続いていたが、その先に進む勇気を持てなかったのである。

何かが待ち構えているような予感に怯え、急いで車に戻り、その場を後にしたらしい。

西霊園の不気味な夜――ドンチ池での恐怖体験

夕暮れ時、西霊園へと続く小道は、薄暗い森に覆われていた。

車が進むにつれて、木々の影が長く伸び、周囲はますます暗くなっていく。

車内では緊張感が漂い、会話も途切れがちになる。

A:(怖々としながら)「なんか、外の景色がどんどん怖くなってきたね…。」

B:(神経質に外を見ながら)「うん、確かに。ここって夜になると一段と不気味だな。」

C:(窓の外を見つめながら)「でも、このドキドキ感、なんだかワクワクしちゃうよね。」

車が西霊園に到着すると、その周囲は薄暗く、どこか幽玄な雰囲気が漂っていた。

墓地の間を抜ける小道は、何かが待ち構えているかのように暗く、足元には葉っぱが散らばっていた。

そんな中、車のエンジン音が唯一の音となり、彼らは霊園内へと足を踏み入れる。

(到着後)

彼らが不安げに霊園に到着すると、車のラジオが突然ノイズを発し始める。

B:(音を気にしながらも、車から降りて、周囲を見回す)「なんか、どこを見ても怖い感じがするな…。」

A:(神経質に後ろを振り返りながら)「うん、森の影がどこか不気味だよね。」

C:(どきどきしながら)「でも、せっかく来たんだから、ちょっとだけ見てみようよ。」

その音に驚いた彼らの耳には、異様なうめき声が混じり合い、どんどんと不気味な雰囲気が高まっていく。

A:「えっ、なに…?」

B:「まじか…、もしかして…。」

C:「うめき声…?ここはやっぱり怖いよ!」

彼らの心臓の鼓動が早くなり、不安と恐怖が襲ってくる。

そして、暗闇の中で立ち往生する彼らは、どんち池の存在に向かって足を進める勇気を持てなかったのである。

ドンチ池(論地池)の場所・アクセス・地図

ドンチ池(論地池)の住所 日本、〒950-2251 新潟県新潟市西区西区中権寺
交通アクセス 新潟市から国道116号/国道289号 経由で29分
最寄りのバス停 内野営業所(徒歩13分)県道2号 経由
最寄り駅 内野西が丘駅(徒歩37分)県道2号 経由

ドンチ池(論地池)の地図(Googleマップ)

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

最近の記事

  1. 八王子城跡
  2. 青蓮寺湖
  3. 九十九橋
  4. 魚津城跡
  5. 女池
  • ハルシオン 2023年7月16日 at 9:33 PM on パチンコ新天地(廃パチンコ店)|ウワサの心霊話先月通りかかったら、どうやら解体が始まったのか建物が壊されていましたね。 昨年の春、深夜3時過ぎにこそっと忍び込んだことがあるのですが、30年近く前のパチスロが出入口に捨てられ無惨な姿になっているのを見てゾクッとしました。残されたままのイス、ぽつりと残されたドル箱、閉店直前から止まったままのカレンダー、いろんなものに寂しさを感じました。 オープン当時は経済としてのバブルは崩壊真っ只中でしたが、奇しくもこの頃は空前のパチスロブーム到来の時期でもありパチンコ業界にとってはバブル期でした。当時の道路交通事情がよく分からないのでなんとも言えませんが、今となってはこんな場所に客集まるのか?と疑ってしまうような無謀な立地に感じました。10年足らずで潰れてしまったことを考えても、案の定やはりこの「新天地」を選んだのは間違いだった、のかもしれませんね…。
  • にーと 2023年10月10日 at 1:49 PM on 亀石峠|ウワサの心霊話その少年、私の親戚の友人…かもしれないです。 遠い親戚なんですけど、話を聞くと「虫取りをしてくる」と4時くらいに言い、帰ってこなかったそうです。 ランニングシャツというのは、もしかしたら少年期によく着たタンクトップなのかもしれないです…
  • Shawn Barclay 2022年10月18日 at 2:35 PM on ヒートゥー島|ウワサの心霊話翻訳で申し訳ありませんが、神社がどのように乱れたかを知りたいです。 神社へのお供えは? 神社にはまだ提灯や龍の花瓶がありますか? ノロワ島に戻って神社の写真を撮ってもらえませんか? 可能であれば補償する(あなたのためのお金) そこに戻ることに懸念がある場合は、問題ありません。 お知らせ下さい。 Best Regards,
  • なな 2024年4月6日 at 12:46 PM on 海風洋館プルメーリア(プルメリア)|ウワサの心霊話心霊ユーチューバー オウマガドキ そこでも プルメリア紹介されてます。 女の霊がしっかり写ってました。怖すぎです
  • TomTom兄やん 2024年5月13日 at 11:42 PM on 白子漁港|ウワサの心霊話三重県鈴鹿市白子に「野首谷」というバス停は昔も今も存在しません…。(ω・ )ゝ 「野首谷」というバス停があるのは鹿児島県です…。(ω・ )ゝ

【管理人】狐憑きのたる

 

 

全国のウワサの心霊スポットを調査し、その魅力と恐怖を皆さんにお届けしています。

 

幼少期から霊感が強く、沖縄ではサーダカー。(高生まれ)数年前に狐に憑かれたことから、狐憑きのたるという名にしています。