熊沢トンネル

新潟県秋葉区に位置する熊沢トンネルは、明治時代に石油の運搬路として建設され、その歴史は古い。しかし、その一方でこのトンネルには不可解な心霊現象が多く報告されているという。今回は、熊沢トンネルのウワサの心霊話を紹介する。

熊沢トンネルとは?

熊沢トンネルは、新潟県新潟市秋葉区に位置する隧道である。

明治32年(1899年)に起工され、明治33年(1900年)に竣工した。

このトンネルは、新津油田で採掘された石油を運搬するためのものだった。

熊沢トンネルの完成により、原油や資材の運搬効率が大幅に向上。

当時、人々は熊沢から油樽を背負い、トンネルを通って能代川まで運び、そこから油舟に積み替えていた。

このトンネルは、明治35年(1902年)には大正天皇(当時の皇太子)が行啓されるほどの重要な施設だったのである。

しかし、油田の枯渇に伴いトンネルは衰退し、荒れ果てていった。

その後、新津市が熊沢公園への遊歩道整備の一環として復元工事を行い、1975年に完成。

現在は新潟市秋葉区役所が管理しており、定期的な点検や補修が行われている。

トンネル内部には薄暗いが照明も設置されており、遊歩道として利用されている。

また、トンネルの西側には素掘りであった旧隧道の痕跡が残っており、熊沢公園高台には手掘りの旧油井戸も見られる。

熊沢トンネルの東側には煮坪と呼ばれる史跡が保存されている。

この煮坪は慶長13年(1608年)に新津油田の開祖真柄仁兵衛が発見したと伝えられており、江戸期には越後七不思議の一つとされていた。

煮坪へのアクセスは徒歩のみとなっており、小型の自動車でも入れる狭い路地を通っている。

そのため、煮坪までは車でのアクセスは困難で、徒歩での見学が望ましいとのこと。

熊沢トンネルの心霊現象

熊沢トンネルの心霊現象は、

  • 作業員の霊が出る
  • トンネルを歩く音が聞こえる
  • 白い着物の女性の霊が出る
  • 写真を撮ると無数の顔が写り込む

である。秋葉山には熊沢トンネルと呼ばれる小さな歩行者専用トンネルがある。

かつてこのトンネルを掘る作業中に作業員が亡くなったという話があり、そこから出たと云われている。

実際に体験した人の話によると、トンネルを抜けると用水路のような場所があり、そこでトンネルを歩く足音が聞こえたという。

トンネルは坂になっており、内部は階段になっている。

中から誰かが下ってくる足音をはっきり聞いたため、何度も誰かが出てくるのを待ったそうだが、誰も現れなかったという。

霊感の強い者の話によると、トンネルの上の林の中に白い着物を着た女性の霊が立っているのを見たという。

しかし、霊感のない者には何も見えなかったそうだ。

さらに別の者もトンネルでハイヒールの歩く足音を聞いた話がある。

このトンネルには古い公衆トイレもあるのだが、1つの個室はなぜかずっと使用禁止となっている。

近くのキャンプ場でも霊感の強い者が、夜中にテントの周りを歩き回る足音や、寝ている間に土が動く感覚を経験したそうだ。

さらに、このトンネルでは無数の顔が写った心霊写真が撮影されたこともあるという。

死者たちの行進 熊沢トンネルでの怪奇な出会い

子供の頃、虫捕りに興じて秋葉山へ訪れた我々は、山道で迷ってしまった。

雨が降り始め、途方に暮れた我々は偶然にも熊沢トンネルを見つけ、雨宿りを決め込むことにした。

トンネルの向こう側には明るさが差し込み、安心感を覚える。

だが、その安堵も束の間、トンネルの奥から不気味な音が聞こえ始めた。

足音が近づく。

振り返ると、そこにはほぼ裸の男たちが現れた。

彼らの顔は真っ黒く、異様な雰囲気がただよっていた。

我々は恐怖に震え、道を譲るしかなかった。

しかし、その男たちの姿は異様そのものだった。

半分ない顔、頭蓋骨が覗く者、曲がった首を持つ者──そんな不可思議な姿がトンネルを埋め尽くしていた。

その後の出来事は記憶が曖昧だ。帰り道をどう辿ったのか、我々は思い出せない。

ただ、その日以来、熊沢トンネルへ足を踏み入れることさえ恐れるようになったのである。

「白い着物の女性」─ 熊沢トンネルでの恐怖体験

暗闇に包まれた熊沢トンネルへの恐怖の体験を語る。

ある日、バイクでツーリングに出かけた少年たちは、心霊スポットとして有名な熊沢トンネルを訪れた。

その中の1人は霊感が強く、恐るべき出来事に遭遇することになる。

トンネルに近づくにつれ、霊感の強い少年は不穏な気配を感じ始める。

そして、トンネルの入り口付近で彼は目にした──「白い着物を着た女性」がそこに立っていた。

彼女は不気味な笑みを浮かべ、凍りつくような視線で2人を睨んでいた。

霊感のない少年には何も見えなかったが、その気配は何か異様なものを感じさせた。

彼らはすぐにその場を離れようとしたが、バイクのエンジンがなかなかかからず、不気味な女性の視線が背中を押すように感じられた。

結局、2人は恐怖に駆られながらも、トンネルを後にしたのだった。

「死者の見たもの」─ 熊沢トンネルでの恐怖

夜の肝試しで訪れた熊沢トンネルでの怖い出来事を語る。

4人組はトンネル内で心霊現象に遭遇せず、安心した様子でトンネルの近くにある公衆トイレへと向かう。

しかし、その夜、眠りについた彼らは不気味な現象に襲われる。

体が動かなくなり、金縛りにあう。

恐ろしい視線を感じ、目を開けると白い着物の女性がじっと寝ている自分を見つめていた。

更に、公衆トイレでは男性の苦しみの声が響き渡ったという。

その苦痛の背後には、何か不気味なものが潜んでいた。

自殺者の未練がその場に残り、熊沢トンネルはその魂の叫び声で満たされているのだろうか。

熊沢トンネルの場所・アクセス・地図

熊沢トンネルの住所 日本、新潟県新潟市
交通アクセス 新潟市から新津バイパス/国道403号 経由で32分
最寄りのバス停 金沢町一丁目(徒歩40分)三国街道中通り と 県道7号 経由
最寄り駅 東新津駅(徒歩18分)県道7号 経由

熊沢トンネルの地図(Googleマップ)

関連記事

この記事へのコメントはありません。

  • ハルシオン 2023年7月16日 at 9:33 PM on パチンコ新天地(廃パチンコ店)|ウワサの心霊話先月通りかかったら、どうやら解体が始まったのか建物が壊されていましたね。 昨年の春、深夜3時過ぎにこそっと忍び込んだことがあるのですが、30年近く前のパチスロが出入口に捨てられ無惨な姿になっているのを見てゾクッとしました。残されたままのイス、ぽつりと残されたドル箱、閉店直前から止まったままのカレンダー、いろんなものに寂しさを感じました。 オープン当時は経済としてのバブルは崩壊真っ只中でしたが、奇しくもこの頃は空前のパチスロブーム到来の時期でもありパチンコ業界にとってはバブル期でした。当時の道路交通事情がよく分からないのでなんとも言えませんが、今となってはこんな場所に客集まるのか?と疑ってしまうような無謀な立地に感じました。10年足らずで潰れてしまったことを考えても、案の定やはりこの「新天地」を選んだのは間違いだった、のかもしれませんね…。
  • にーと 2023年10月10日 at 1:49 PM on 亀石峠|ウワサの心霊話その少年、私の親戚の友人…かもしれないです。 遠い親戚なんですけど、話を聞くと「虫取りをしてくる」と4時くらいに言い、帰ってこなかったそうです。 ランニングシャツというのは、もしかしたら少年期によく着たタンクトップなのかもしれないです…
  • Shawn Barclay 2022年10月18日 at 2:35 PM on ヒートゥー島|ウワサの心霊話翻訳で申し訳ありませんが、神社がどのように乱れたかを知りたいです。 神社へのお供えは? 神社にはまだ提灯や龍の花瓶がありますか? ノロワ島に戻って神社の写真を撮ってもらえませんか? 可能であれば補償する(あなたのためのお金) そこに戻ることに懸念がある場合は、問題ありません。 お知らせ下さい。 Best Regards,
  • なな 2024年4月6日 at 12:46 PM on 海風洋館プルメーリア(プルメリア)|ウワサの心霊話心霊ユーチューバー オウマガドキ そこでも プルメリア紹介されてます。 女の霊がしっかり写ってました。怖すぎです

カテゴリー

【狐憑きのたる】

沖縄生まれのサーダカー。全国のウワサの心霊スポット情報を調べてまとめています。