三国トンネルは、群馬県から新潟県へと至る道路の一部として存在した。だが、このトンネルには通常の道路とは異なる、不可解な現象が頻発していたという。今回は、三国トンネル(三国隧道)のウワサの心霊話を紹介する。

三国トンネル(三国隧道)とは?

三国トンネル(みくにトンネル)または三国隧道(みくにずいどう)は、かつて供用されていたトンネルで、群馬県利根郡みなかみ町から新潟県南魚沼郡湯沢町を結んでいた。

国道17号がこのトンネルを通過していた。

  • バイパス起点:群馬県利根郡みなかみ町吹路
  • トンネル起点:群馬県利根郡みなかみ町永井
  • 終点:新潟県南魚沼郡湯沢町大字三国
  • 全長:1,218メートル
  • 標高:群馬県側1,083メートル、新潟県側1,076メートル

トンネルの特徴

三国トンネルは三国峠(標高1,304メートル)の下を通っており、群馬県側は急カーブが連続し、新潟県側は緩やかなカーブと急勾配が特徴である。

トンネルの近くには、猿ヶ京温泉や苗場スキー場などがある。

歴史と重要性

完成当時、このトンネルは全国で3番目に長いトンネル。

群馬・新潟県境を跨ぐ一般道は、三国トンネルを通る国道17号と、清水峠を越える国道291号の2本だけだが、国道291号は非常に荒廃しているため、実質的に三国トンネルが唯一の通行可能な道だった。

さらに、関越自動車道の関越トンネルが5キロを超えるため、危険物積載車は通行できず、三国トンネルが代替路として重要な役割を果たしていた。

構造と制限

三国トンネルは片側1車線で、群馬県側から新潟県側に向けて緩やかな下り勾配になっている。

トンネル内は狭く、大型自動車同士のすれ違いが困難である。歩行者や自転車の通行も制限されていないが、歩道はない。

開通当初は幅6メートルだったが、補修工事などにより現在は5.5メートルとなっている。

現在

トンネルの老朽化に伴い、新しい三国トンネルが建設され、2022年3月19日に開通した。

これにより、旧三国トンネルは閉鎖されている。

三国トンネル(三国隧道)の心霊現象

三国トンネル(三国隧道)の心霊現象は、

  • 少年の霊が出る
  • 写真に無数の手が写り込む
  • 黒い影が横切る

である。三国トンネルでは、かつて無職の少年が灯油をかけられ、生きたまま焼き殺されるという凄惨な事件があった。

その少年の霊が今でもこの場所に現れるという。

しかし、このトンネルには事件以前から不気味なウワサが絶えなかったらしい。

トンネルで写真を撮ると、無数の手が写り込み、黒い影が横切るのを目撃したという証言が多数寄せられているのである。

三国トンネルは、恐怖と怨念に包まれた、決して近づいてはならない場所なのだ。

三国トンネルの恐怖

友人のケンジとマサト、そして私、アキラの3人は、夏の夜に肝試しとして三国トンネルに向かうことにした。

地元で有名な心霊スポットであるこのトンネルには、恐ろしいウワサが絶えなかったからだ。

トンネルに近づくと、湿った冷たい空気が私たちを包み、周囲の静けさが一層不気味さを増していた。

ケンジはスマホで写真を撮りながら「これで本当に何か写ったらやばいな」と冗談めかして言った。

トンネルの中に入ると、懐中電灯の光だけが頼りだった。

突然、マサトが「待って、聞こえるか?」と立ち止まった。

耳を澄ますと、かすかにすすり泣くような音が聞こえてきた。

「やばい、これって…」私が言うと、ケンジが写真を確認しながら叫んだ。

「見ろよ、これ!」

スマホの画面には、無数の手が私たちに向かって伸びているように写っていたのである。

恐怖に凍りついた私たちは、さらに奥へ進むことを躊躇し始めた。

その時、トンネルの奥から黒い影がこちらに向かって走ってくるのが見えた。

心臓が凍りつく思いで、私たちはその場から逃げ出した。

トンネルの出口にたどり着き、振り返ると、そこには確かに誰かが立っていた。

よく見ると、それは少年の姿だった。

燃えたような顔と空虚な目が、私たちをじっと見つめていた。

「もう二度とここには来ない」と心に誓いながら、私たちは車に飛び乗り、全速力でその場を離れた。

しかし、帰り道でも不気味な出来事は続いた。

突然、車のライトが消え、ハンドルが効かなくなったのだ。

何とか車を止めると、ケンジが叫んだ。

「あの手、まだ車にくっついてる!」

恐怖に怯えながらも、私たちは車を降りて確認すると、車のボディには無数の手形が付いていた。

まるで逃げようとする私たちを引き留めようとするかのようだった。

それ以来、私たちは二度と三国トンネルには近づかなかった。

だが、夜になると時々、あの少年の泣き声が耳に残る。

あの場所は、今でも怨念に包まれた恐怖の地として存在しているのだ。

三国トンネル(三国隧道)の場所・アクセス・地図

三国トンネル(三国隧道)の住所 日本、〒949-6212 新潟県南魚沼郡湯沢町三国
交通アクセス 新潟市から北陸自動車道 と 関越自動車道 経由で2時間18分
最寄りのバス停 西武クリスタル前(徒歩28分)三国街道/国道17号 経由
最寄り駅 近くに駅はない

三国トンネル(三国隧道)の地図(Googleマップ)

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

最近の記事

  1. 水元公園
  2. 八王子城跡
  3. 青蓮寺湖
  4. 九十九橋
  5. 魚津城跡
  • ハルシオン 2023年7月16日 at 9:33 PM on パチンコ新天地(廃パチンコ店)|ウワサの心霊話先月通りかかったら、どうやら解体が始まったのか建物が壊されていましたね。 昨年の春、深夜3時過ぎにこそっと忍び込んだことがあるのですが、30年近く前のパチスロが出入口に捨てられ無惨な姿になっているのを見てゾクッとしました。残されたままのイス、ぽつりと残されたドル箱、閉店直前から止まったままのカレンダー、いろんなものに寂しさを感じました。 オープン当時は経済としてのバブルは崩壊真っ只中でしたが、奇しくもこの頃は空前のパチスロブーム到来の時期でもありパチンコ業界にとってはバブル期でした。当時の道路交通事情がよく分からないのでなんとも言えませんが、今となってはこんな場所に客集まるのか?と疑ってしまうような無謀な立地に感じました。10年足らずで潰れてしまったことを考えても、案の定やはりこの「新天地」を選んだのは間違いだった、のかもしれませんね…。
  • にーと 2023年10月10日 at 1:49 PM on 亀石峠|ウワサの心霊話その少年、私の親戚の友人…かもしれないです。 遠い親戚なんですけど、話を聞くと「虫取りをしてくる」と4時くらいに言い、帰ってこなかったそうです。 ランニングシャツというのは、もしかしたら少年期によく着たタンクトップなのかもしれないです…
  • Shawn Barclay 2022年10月18日 at 2:35 PM on ヒートゥー島|ウワサの心霊話翻訳で申し訳ありませんが、神社がどのように乱れたかを知りたいです。 神社へのお供えは? 神社にはまだ提灯や龍の花瓶がありますか? ノロワ島に戻って神社の写真を撮ってもらえませんか? 可能であれば補償する(あなたのためのお金) そこに戻ることに懸念がある場合は、問題ありません。 お知らせ下さい。 Best Regards,
  • なな 2024年4月6日 at 12:46 PM on 海風洋館プルメーリア(プルメリア)|ウワサの心霊話心霊ユーチューバー オウマガドキ そこでも プルメリア紹介されてます。 女の霊がしっかり写ってました。怖すぎです
  • TomTom兄やん 2024年5月13日 at 11:42 PM on 白子漁港|ウワサの心霊話三重県鈴鹿市白子に「野首谷」というバス停は昔も今も存在しません…。(ω・ )ゝ 「野首谷」というバス停があるのは鹿児島県です…。(ω・ )ゝ

【管理人】狐憑きのたる

 

 

全国のウワサの心霊スポットを調査し、その魅力と恐怖を皆さんにお届けしています。

 

幼少期から霊感が強く、沖縄ではサーダカー。(高生まれ)数年前に狐に憑かれたことから、狐憑きのたるという名にしています。