胎内トンネル

「胎内トンネル」―その名が地元ではささやかれるだけで背筋が凍る。新潟県の奥深くに位置するこのトンネルは、見知らぬ異界と普段目にしない恐怖を隠し持っているという。今回は、胎内トンネルのウワサの心霊話を紹介する。

胎内トンネルとは?

胎内トンネルは、新潟県胎内市坂井にひっそりと佇んでいる。

このトンネルへの最寄り駅は中条駅で、そこから直線距離で約9026メートルの山奥に位置している。

荒涼とした山々に囲まれたトンネルは、平成4年8月に建設され、その全長は440メートルに及ぶ。

幅広い5.5メートル、高さも4.5メートルあるが、その堂々とした姿は周囲の静けさと相まって、なお一層の神秘を醸し出している。

トンネルへ至る道は、自然の中をゆったりと進むことができる。

時折、野生動物の影が見え隠れし、その姿を感じることができるだろう。

時折見受けられるガードレールの歪みは、何かがあったことを物語っているようである。

そして、トンネルを抜けると、そこには「炭鉱橋」と呼ばれる場所がある。

トンネルと炭鉱橋の間には、旧道があるらしい。

胎内トンネルの心霊現象

胎内トンネルの心霊現象は、

  • 心霊写真が撮れる
  • 男性の声が聞こえる
  • 白い服の女性の霊が出る

胎内市の奥深く、忘却の彼方に潜む、胎内トンネル。

地元では、このトンネルが恐怖の温床として名高く、人々はその存在を口にすることを避ける傾向にある。

ここでは、普段は目にすることのない異界の者たちが、写真に写り込むと云わわれている。

それは、巧妙に隠された不気味な橋や、朽ち果てた工事現場の残骸、そして不可思議な柵で封印された旧道が、その場所を取り巻く暗黒の前兆となっているのである。

夜が訪れると、胎内トンネルは一変し、そこに足を踏み入れる者たちは、絶え間ない恐怖と不安にとらわれる。

特に、トンネルの出口に位置する胎内スキー場側のベンチ付近は、何とも言えない異常な雰囲気に包まれているという。

一人でその場所に立つと、まるで何かが背後に忍び寄ろうとしているかのような錯覚に襲われるのだ。

ウワサによれば、白い服の女性の霊が現れるらしい。

トンネル内で聞こえる声は、普段の喧騒とは異なり、男性の呟きやささやきが聞こえると云われている。

その声は、空間を駆け巡り、耳をつんざくような響きを放つ。

そして、一人で胎内トンネルに立ち尽くすことがあれば、この世のものとは思えない不気味な存在の恐ろしさに、身を震わせることだろう。

友人と訪れ、楽しげに写真を撮っていたとしても、その記憶の最後に残るのは、目にしたものの異様さと恐怖だけである。

このトンネルは、一度足を踏み入れた者にとって、二度と忘れることのできない、暗黒の魔物の住処なのかもしれない。

暗黒の呼び声 胎内トンネルの恐怖体験

深夜、友人たちとともに胎内市の奥深くに位置する胎内トンネルを訪れた。

私たちを迎えたのは、まるで暗黒の口を開けたような、異様な雰囲気だった。

友人の一人、勇気ある冒険家のユウキがリーダーとなり、私たちは胎内トンネルの入り口へと向かった。

彼はいつもの明るい笑顔を見せながら、「心霊写真が撮れるってウワサだよ!」と言った。

私たちは背筋を震わせながらも、彼の言葉に興奮し、トンネルへと足を踏み入れた。

トンネルの内部は暗闇に包まれ、不気味な雰囲気が漂っていた。

足元には何かがぬるぬるとした感触を与える泥が広がっており、その湿った匂いが鼻を刺激した。

私たちはトンネルを進むにつれ、恐怖と興奮が入り混じった気持ちに包まれていった。

途中、ユウキがカメラを取り出し、写真を撮り始める。

すると、その写真には普段は見ることのない不可思議な存在が写り込んでいたのである。

私たちは驚きの声を上げながらも、次々と写真を撮り続けた。

すると、胎内トンネルの奥から男性の声が聞こえ始めた。

その声は、普段の喧騒とはまったく異なり、深い響きのように感じた。

私たちは恐怖に打ち震えながらも、その声に引き寄せられるようにトンネルの奥へと進んでいく。

トンネルの出口に近づくにつれ、その異常な雰囲気はますます強くなっていったのである。

胎内トンネルの場所・アクセス・地図

胎内トンネルの住所 日本、〒959-2502 新潟県新発田市熊出
交通アクセス 新潟市から国道7号 経由で54分
最寄りのバス停 加治川・紫雲寺(徒歩3時間42分)県道545号 経由
最寄り駅 加治駅(徒歩3時間10分)県道545号 経由(車で20分)

胎内トンネルの地図(Googleマップ)

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

最近の記事

  1. 水元公園
  2. 八王子城跡
  3. 青蓮寺湖
  4. 九十九橋
  5. 魚津城跡
  • ハルシオン 2023年7月16日 at 9:33 PM on パチンコ新天地(廃パチンコ店)|ウワサの心霊話先月通りかかったら、どうやら解体が始まったのか建物が壊されていましたね。 昨年の春、深夜3時過ぎにこそっと忍び込んだことがあるのですが、30年近く前のパチスロが出入口に捨てられ無惨な姿になっているのを見てゾクッとしました。残されたままのイス、ぽつりと残されたドル箱、閉店直前から止まったままのカレンダー、いろんなものに寂しさを感じました。 オープン当時は経済としてのバブルは崩壊真っ只中でしたが、奇しくもこの頃は空前のパチスロブーム到来の時期でもありパチンコ業界にとってはバブル期でした。当時の道路交通事情がよく分からないのでなんとも言えませんが、今となってはこんな場所に客集まるのか?と疑ってしまうような無謀な立地に感じました。10年足らずで潰れてしまったことを考えても、案の定やはりこの「新天地」を選んだのは間違いだった、のかもしれませんね…。
  • にーと 2023年10月10日 at 1:49 PM on 亀石峠|ウワサの心霊話その少年、私の親戚の友人…かもしれないです。 遠い親戚なんですけど、話を聞くと「虫取りをしてくる」と4時くらいに言い、帰ってこなかったそうです。 ランニングシャツというのは、もしかしたら少年期によく着たタンクトップなのかもしれないです…
  • Shawn Barclay 2022年10月18日 at 2:35 PM on ヒートゥー島|ウワサの心霊話翻訳で申し訳ありませんが、神社がどのように乱れたかを知りたいです。 神社へのお供えは? 神社にはまだ提灯や龍の花瓶がありますか? ノロワ島に戻って神社の写真を撮ってもらえませんか? 可能であれば補償する(あなたのためのお金) そこに戻ることに懸念がある場合は、問題ありません。 お知らせ下さい。 Best Regards,
  • なな 2024年4月6日 at 12:46 PM on 海風洋館プルメーリア(プルメリア)|ウワサの心霊話心霊ユーチューバー オウマガドキ そこでも プルメリア紹介されてます。 女の霊がしっかり写ってました。怖すぎです
  • TomTom兄やん 2024年5月13日 at 11:42 PM on 白子漁港|ウワサの心霊話三重県鈴鹿市白子に「野首谷」というバス停は昔も今も存在しません…。(ω・ )ゝ 「野首谷」というバス停があるのは鹿児島県です…。(ω・ )ゝ

【管理人】狐憑きのたる

 

 

全国のウワサの心霊スポットを調査し、その魅力と恐怖を皆さんにお届けしています。

 

幼少期から霊感が強く、沖縄ではサーダカー。(高生まれ)数年前に狐に憑かれたことから、狐憑きのたるという名にしています。