サンホテルやまね

福井県小浜市に佇むサンホテルやまね。美しい湾の景色と共に、歴史的な趣きを持つこの宿には、不思議な出来事が絶えないという。今回は、サンホテルやまねのウワサの心霊話を紹介する。

サンホテルやまねとは?

サンホテルやまねは、シンプルな客室を備えたくつろぎの温泉ホテルで、食事処と喫茶コーナーも併設されている。

美しい湾の景色を楽しむことができる。

昭和61年には、皇太子さまと美智子さまが宿泊されたことでも知られる、歴史ある旅館である。

外観は古風な雰囲気がありますが、清潔感もあり、オーシャンビューの客室でリラックスできる。

従業員の方々は親切で明るく、話しやすい雰囲気。

また、お風呂場の脱衣場には、ご年配の方や足の悪い方に配慮したスロープもあるらしい。

しかし、福井県小浜市を拠点とする旅館運営会社「株式会社松風」が自己破産を申請し、保全管理命令を受ける事態になった。

これは、2020年の新型コロナウイルス感染拡大の影響で利用客が減少し、さらに冠婚葬祭の規模が縮小されたことが主な原因である。

経営再建が難しくなり、困難な状況に陥っているという。

サンホテルやまねの心霊現象

サンホテルやまねの心霊現象は、

  • 座敷童が出る
  • 声や物音が聞こえる
  • エレベーターが勝手に動く

である。山根サンホテルは、福井県小浜市の若狭湾に面した観光ホテルで、1981年に開業した。

珍しい天然温泉を持つホテルとして知られている。

新しい施設であるにもかかわらず、このホテルでは座敷わらしが出るというウワサが広まっている。

宿泊者や従業員の間で不思議な体験をした人々が多く、その話が広まったようだ。

ホテルの従業員が宿直室で寝ていると、布団の上を子どもが歩いていく姿を目撃したり、宿泊者の部屋で子どもの笑い声が聞こえたりすることがあるらしい。

また、夜中にエレベーターが勝手に動くという報告も寄せられている。

特に302号室では座敷わらしが出ることが頻繁にあるようだ。

なお、このホテルは2020年6月17日にフジテレビ系列で放送された番組「世界の何だコレ!?ミステリー」でも取り上げられた。

実際に宿泊した者の体験談では、夜中にパタパタと走りまわる音を聞いたり、動画撮影をするとオーブがたくさん映ったという。

サンホテルやまねの不可解な夜 – 幽霊との遭遇

山根サンホテルやまねには、不思議な出来事が絶えなかった。

ある晩、ホテルの従業員である夜勤係の横山(よこやま)は、静かな宿直室で仮眠をとっていた。

しかし、その眠りは突然、不穏な音で妨げられた。布団の上を小さな足音が軽やかに歩き回る音だった。

驚いて目を覚ますと、部屋の中には誰もいない。

何度も聞こえる足音に横山は戸惑いながらも、怖くなったのかもしれないと考えた。

その晩、宿泊していたのは若いカップル、佐藤(さとう)と田中(たなか)だった。

彼らは山根サンホテルを訪れ、美しい夜景を楽しむために部屋を予約していた。

しかし、夜中になって佐藤は何かが部屋の中を歩く音に目を覚まし、ビクビクと身をすくめる。

田中は寝ぼけながらも、佐藤の心配そうな顔を見て、「きっと気のせいだよ、大丈夫さ」と慰める。

その夜、他のフロアーでも奇妙な出来事が起こっていた。

エレベーターが勝手に動き出し、宿泊客は驚きと恐れを感じた。

一方、302号室では座敷わらしが出るというウワサが立っていた。

その部屋に宿泊した若い女性、鈴木(すずき)は、夜中に足音と一瞬の影を目撃する。

恐怖に怯える彼女は、部屋の中をぐるりと見回すが、何も見当たらない。

しかし、その後、鈴木は壁に映る座敷わらしのような影に目を疑う。

朝になり、横山と鈴木はその夜の出来事を不安そうに語り合う。

佐藤と田中も同じように、夜の体験について話し合い、彼らはなぜかホテルを早く出ることを決意する。

そんな中、ホテルのロビーでは他の宿泊客たちも同様の奇妙な出来事について語り合っていた。

そして、彼らの中には、ホテルが幽霊の巣窟であるというウワサが広まっていったのである。

サンホテルやまねの場所・アクセス・地図

サンホテルやまねの住所 日本、〒917-0069 福井県小浜市小浜白鬚62−2
交通アクセス 福井市から北陸自動車道 と 敦賀線/舞鶴若狭自動車道 経由で1時間24分
最寄りのバス停 海岸通り(徒歩2分)海岸通り 経由
最寄り駅 小浜駅(徒歩11分)県道14号 経由

サンホテルやまねの地図(Googleマップ)

関連記事

この記事へのコメントはありません。

  • ハルシオン 2023年7月16日 at 9:33 PM on パチンコ新天地(廃パチンコ店)|ウワサの心霊話先月通りかかったら、どうやら解体が始まったのか建物が壊されていましたね。 昨年の春、深夜3時過ぎにこそっと忍び込んだことがあるのですが、30年近く前のパチスロが出入口に捨てられ無惨な姿になっているのを見てゾクッとしました。残されたままのイス、ぽつりと残されたドル箱、閉店直前から止まったままのカレンダー、いろんなものに寂しさを感じました。 オープン当時は経済としてのバブルは崩壊真っ只中でしたが、奇しくもこの頃は空前のパチスロブーム到来の時期でもありパチンコ業界にとってはバブル期でした。当時の道路交通事情がよく分からないのでなんとも言えませんが、今となってはこんな場所に客集まるのか?と疑ってしまうような無謀な立地に感じました。10年足らずで潰れてしまったことを考えても、案の定やはりこの「新天地」を選んだのは間違いだった、のかもしれませんね…。
  • にーと 2023年10月10日 at 1:49 PM on 亀石峠|ウワサの心霊話その少年、私の親戚の友人…かもしれないです。 遠い親戚なんですけど、話を聞くと「虫取りをしてくる」と4時くらいに言い、帰ってこなかったそうです。 ランニングシャツというのは、もしかしたら少年期によく着たタンクトップなのかもしれないです…
  • Shawn Barclay 2022年10月18日 at 2:35 PM on ヒートゥー島|ウワサの心霊話翻訳で申し訳ありませんが、神社がどのように乱れたかを知りたいです。 神社へのお供えは? 神社にはまだ提灯や龍の花瓶がありますか? ノロワ島に戻って神社の写真を撮ってもらえませんか? 可能であれば補償する(あなたのためのお金) そこに戻ることに懸念がある場合は、問題ありません。 お知らせ下さい。 Best Regards,
  • なな 2024年4月6日 at 12:46 PM on 海風洋館プルメーリア(プルメリア)|ウワサの心霊話心霊ユーチューバー オウマガドキ そこでも プルメリア紹介されてます。 女の霊がしっかり写ってました。怖すぎです

カテゴリー

【狐憑きのたる】

沖縄生まれのサーダカー。全国のウワサの心霊スポット情報を調べてまとめています。