黒い森

新潟県下越地方に広がる、そびえ立つ黒い影に覆われた森。ネット上で恐ろしいウワサが広まり、人々の恐怖を引き起こし、近づくことさえタブーとされているという。今回は、黒い森のウワサの心霊話を紹介する。

黒い森とは?

黒い森とは、平成17年(2005年)頃にネット上で話題になった場所で、森全体が霊道になっており、様々な怪奇現象が起こる場所である。

この場所は、地元でも有名な危険な所だとされており、近づくことはタブーとされウワサが広まっているという。

具体的な詳細の場所は不明であるが、「綱木~新谷の間の何処か」であるという情報がある。

何でも遊び半分で行くことが危険であるため、詳しい場所は云えないらしい。

黒い森の心霊現象

黒い森の心霊現象は、

  • 森の中に黒い影が潜んでいる
  • 黒い影が人間を連れ去っていく
  • 頭痛等の体調不良になる
  • 黒い森には男性の霊が出る
  • 生首が木々の間で蠢いている
  • 森の中で迷うと精神が崩壊する

である。新潟県下越地方に広がる「黒い森」。その名の通り、暗黒の森として知られ、恐ろしい怪奇現象が数多く報告されている。

森に足を踏み入れると、謎の黒い玉が追いかけてくるとか、木々の間に生首がうごめくとか、闇の中に悲鳴がこだまするとか、恐ろしい出来事が次々と起こるという。

そこへ足を踏み入れた者は、3日間も迷い続け、帰還後には精神が破綻しているという報告もある。

この森が呪われているのは、霊的なものか、あるいは歴史的な悲劇に起因するのか、その真相は闇の中に葬られている。

興味本位で近づく者は、己の命すら危うくするかもしれない。

呪われた森 黒い影の脅威

表に出ることはほとんどないが、地元では恐れられる極秘の場所がある。

それが、赤谷から三川へと続く道の途中に広がる「黒い森」だ。この森は霊道に重なっており、昼間でさえも、目に見えない存在から声が聞こえるという。

そこは富士の樹海と同様の怖さを秘めているとされ、山菜取りのシーズンにも地元の人々ですら足を踏み入れないほどである。

「黒い森」への探検を決意したのは、4年半前のこと。

他の心霊スポットと同じようなものだろうと思い、軽い気持ちで仲間と訪れた。

しかし、情報は乏しく、赤谷からの捜索を開始したものの、何度も探し回っても手がかりは得られなかった。

ある日、普通の山林に見える場所に辿り着いた。

しかし、その場所にただならぬ空気感を感じた。草木のざわめきが不気味な静寂を切り裂き、その中から男性の声が聞こえた。

「だ れ だ・・・」。声の主を見ると、ぼんやりとした男性の霊の姿が浮かび上がった。

周囲には他にも黒い影のようなものが2体。

仲間とともに慌てて車に戻る途中も、背後から草木のざわめきが追いかけてくるように聞こえた。

車に戻り、見たことを仲間に話すと、彼らには何も見えなかったが、「ま て・・・」という声を聞いたという。

その日以来、彼は黒い森には二度と足を踏み入れないと決意した。

そして、帰宅して数珠を取り出すと、数珠の玉にヒビが入っていた。あの体験を経て、彼は黒い森がらみの恐怖をもっとも近いところで終わらせることができたと思った。

しかし、それだけでは済まない恐ろしい出来事が彼を待ち受けていた。

数日後、夜の深い時間に彼の家の周りに不気味なざわめきが広がり始め、窓の外には黒い影が現れた。

その後、彼は行方不明となり、彼の家の周囲では不気味な声が時折聞こえるという。

果たして、彼は黒い森の呪いに巻き込まれたのか、それとも別の何者かによって連れ去られたのか。真実は闇の中に埋もれたままだ。

闇を呼ぶ森

かつて、山岳愛好家だった私は、静かな里山の尾根筋を探検していた。

その日も、綱木の奥の荒野を歩き回っていたのである。

すると、突如、遠くから聞こえる女性の声に、背筋が凍りついた。

その声は念仏のような唱えで、不気味な雰囲気が森全体を覆いつくしていた。

里からの声とは違い、どこからともなく聞こえてくるその声に、私は恐怖を感じた。

数日後、再び黒い森の近くを通った。

しかし、そこには以前とは違う不気味な空気が漂っていた。

林道は地震の影響で荒れ果て、車を進めるのが難しいほど。

その時、知人の話を思い出した。

彼は赤谷から49号線に抜ける道で、黒い影が森に入っていくのを何度も目撃していると言っていたのである。

私は興味を抱き、その地域をさらに探索。

しかし、森の奥深くには不気味な姿が潜んでいるようだった。

突如として現れる黒い影、そしてその影から発せられる不気味な声。

その存在が、何かを引き寄せているような気がした。

果たして、黒い森には闇の力が潜んでいるのだろうか。

それとも、そこには人知を超えた存在が潜んでいるのか。

恐るべき真実が待ち受けているのかもしれない。

黒い森の場所・アクセス・地図

黒い森の住所 日本、〒959-4602 新潟県東蒲原郡阿賀町古岐
交通アクセス 新潟市から国道459号/国道49号 経由で1時間14分
最寄りのバス停 近くにバス停はない
最寄り駅 三川駅(徒歩2時間44分)県道14号 経由

黒い森の地図(Googleマップ)

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

最近の記事

  1. 水元公園
  2. 八王子城跡
  3. 青蓮寺湖
  4. 九十九橋
  5. 魚津城跡
  • ハルシオン 2023年7月16日 at 9:33 PM on パチンコ新天地(廃パチンコ店)|ウワサの心霊話先月通りかかったら、どうやら解体が始まったのか建物が壊されていましたね。 昨年の春、深夜3時過ぎにこそっと忍び込んだことがあるのですが、30年近く前のパチスロが出入口に捨てられ無惨な姿になっているのを見てゾクッとしました。残されたままのイス、ぽつりと残されたドル箱、閉店直前から止まったままのカレンダー、いろんなものに寂しさを感じました。 オープン当時は経済としてのバブルは崩壊真っ只中でしたが、奇しくもこの頃は空前のパチスロブーム到来の時期でもありパチンコ業界にとってはバブル期でした。当時の道路交通事情がよく分からないのでなんとも言えませんが、今となってはこんな場所に客集まるのか?と疑ってしまうような無謀な立地に感じました。10年足らずで潰れてしまったことを考えても、案の定やはりこの「新天地」を選んだのは間違いだった、のかもしれませんね…。
  • にーと 2023年10月10日 at 1:49 PM on 亀石峠|ウワサの心霊話その少年、私の親戚の友人…かもしれないです。 遠い親戚なんですけど、話を聞くと「虫取りをしてくる」と4時くらいに言い、帰ってこなかったそうです。 ランニングシャツというのは、もしかしたら少年期によく着たタンクトップなのかもしれないです…
  • Shawn Barclay 2022年10月18日 at 2:35 PM on ヒートゥー島|ウワサの心霊話翻訳で申し訳ありませんが、神社がどのように乱れたかを知りたいです。 神社へのお供えは? 神社にはまだ提灯や龍の花瓶がありますか? ノロワ島に戻って神社の写真を撮ってもらえませんか? 可能であれば補償する(あなたのためのお金) そこに戻ることに懸念がある場合は、問題ありません。 お知らせ下さい。 Best Regards,
  • なな 2024年4月6日 at 12:46 PM on 海風洋館プルメーリア(プルメリア)|ウワサの心霊話心霊ユーチューバー オウマガドキ そこでも プルメリア紹介されてます。 女の霊がしっかり写ってました。怖すぎです
  • TomTom兄やん 2024年5月13日 at 11:42 PM on 白子漁港|ウワサの心霊話三重県鈴鹿市白子に「野首谷」というバス停は昔も今も存在しません…。(ω・ )ゝ 「野首谷」というバス停があるのは鹿児島県です…。(ω・ )ゝ

【管理人】狐憑きのたる

 

 

全国のウワサの心霊スポットを調査し、その魅力と恐怖を皆さんにお届けしています。

 

幼少期から霊感が強く、沖縄ではサーダカー。(高生まれ)数年前に狐に憑かれたことから、狐憑きのたるという名にしています。