塩之入峠

長岡市与板町に位置する県道274号線沿いに、塩之入峠という場所が存在する。現在はトンネルが開通し、交通も便利になったのだが、その裏には不気味な霊的な出来事が続いているという。今回は、塩之入峠のウワサの心霊話を紹介する。

塩之入峠とは?

岡の近く、信濃川の左岸には西山連峰が広がっている。

その中を横断するのが塩之入峠の道である。

この峠は、和島村島崎に住む歌人である良寛と、与板町の松下庵に隠棲した弟・由之が頻繁に行き来した道であった。

今ではトンネルができていて、一瞬で通過できるが、かつては兄弟にとって高齢で困難な道のりだったのである。

塩之入峠の歌碑

昔、塩之入峠は塩の交易路として重要視され、その名前もそのまま塩のことを指している。

今ではトンネルが開通し、バスも行き交う便利な道となったが、かつては非常に危険な山道だった。

良寛にとって、与板は父・以南の故郷であり、多くの親戚や友人が住む場所であった。

幼い頃からこの険しい峠を何度も越えてきた彼は、晩年に和島に住むようになっても、与板に住む弟・由之を訪ねるために峠を越える苦労をした。

与板藩主・井伊直輝の時代に峠道が改修された際には、良寛も大いに喜び、以下のような歌を詠んだ。

「しおのりの 坂は名のみになりにけり 行く人しぬべ よろずよまでに」

(訳) 塩之入峠の坂が険しいというのは、うわべだけになったことよ。その坂道を行く人は通りやすくつくり直してくれた方の事を、いつまでもありがたく思い顧みなさい。

塩之入峠の心霊現象

塩之入峠の心霊現象は、

  • 頭痛や寒気などの霊障が起こる
  • 交通事故に遭う

である。長岡市与板町に位置する県道274号線沿いには、塩之入峠という、まるで死神の影が忍び寄るかのような場所がある。

この峠を抜けるためには、塩之入トンネルをくぐらねばならないが、その脇には恐るべき火葬場が佇んでいる。

その火葬場付近では、自ら命を絶つ者たちが多く見受けられるという。

ここに辿り着く者たちは、死の匂いを感じると同時に、不吉な予感に胸騒ぎが走る。

なんとも異様なのは、この峠が特に険しい道とは言えず、むしろ比較的緩やかな道であるにもかかわらず、『死亡事故多発』という悲劇の連続が訪れる。

そして、特にトンネル周辺には、そのような警告の看板が目に付く。

この交通事故の多くは霊の仕業とのウワサである。

また、この地域に住む者たちは、塩之入トンネルを通過する際、頭がズキズキと痛み、背筋に寒気が走るという。

まるで、この場所が死者の魂で満ち溢れているかのような恐怖が、一筋の日差しも届かない暗黒のトンネル内に漂っている。

さらに、峠の頂上には、自殺者のための小屋が建てられている。

その影には、人知れず命を絶つ者たちの亡霊が住み着き、不気味な気配がただよっているとされる。

果たして、この峠に立ち入る者は、死の影に取り憑かれるのではないだろうか

闇に潜む呪い 塩之入峠の恐怖

数年前、友人のAと私は心霊スポット探索に出かけた。

目指すは『塩之入峠』──その名が示す通り、ここは死者の影が消えない場所だ。

トンネルの上にそびえる火葬場は、霊魂がうごめき、生者を呪う。

峠の頂上には、絶望の小屋が立ち並び、自らの命を絶つ者が絶えない。

車を走らせる峠道。血に滲むような看板が、道路脇に立ち並び、その文字は魂を喰らうかのようだ。

「死亡事故多発」と書かれた文字が、闇に溶け込むようにそこに立っていた。

トンネルに近づくほどに、空気は冷え切り、霊魂の叫びが聞こえるかのようだった。

そして、火葬場の入り口が見えてきた。死者の嘆きが、魂の闇を切り裂く。

トンネル内部は、闇が支配し、恐怖が漂う。

しかし、それでも私たちは勇気を振り絞り、闇を抜けた。

だが、再び現れる看板には、「死亡事故多発」と、悪魔のささやきが込められていた。

脇道を進むと、道の終わりにはトンネルの出口しかなく、閉じ込められたような錯覚が襲う。

再びトンネルに戻ると、不気味な休憩所がそびえ立ち、闇にはなにかが潜んでいるような気配を感じた。

帰宅後、友人のAは驚くべきことを発見した。

シャツには、不気味な破れが現れていた。これは、死者の恨みか、それとも…?

数年後、再び塩之入峠を訪れた際、悪夢が再び始まる予感がした──それは、私たちが忘れようとした恐怖が、再び姿を現す予兆だったのである。

塩之入峠の場所・アクセス・地図

塩之入峠の住所 日本、〒940-2403 新潟県長岡市与板町本与板2669
交通アクセス 新潟市から北陸自動車道 経由で57分
最寄りのバス停 近くにバス停はない
最寄り駅 小島谷駅(徒歩50分)県道274号 経由

塩之入峠の地図(Googleマップ)

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

最近の記事

  1. 水元公園
  2. 八王子城跡
  3. 青蓮寺湖
  4. 九十九橋
  5. 魚津城跡
  • ハルシオン 2023年7月16日 at 9:33 PM on パチンコ新天地(廃パチンコ店)|ウワサの心霊話先月通りかかったら、どうやら解体が始まったのか建物が壊されていましたね。 昨年の春、深夜3時過ぎにこそっと忍び込んだことがあるのですが、30年近く前のパチスロが出入口に捨てられ無惨な姿になっているのを見てゾクッとしました。残されたままのイス、ぽつりと残されたドル箱、閉店直前から止まったままのカレンダー、いろんなものに寂しさを感じました。 オープン当時は経済としてのバブルは崩壊真っ只中でしたが、奇しくもこの頃は空前のパチスロブーム到来の時期でもありパチンコ業界にとってはバブル期でした。当時の道路交通事情がよく分からないのでなんとも言えませんが、今となってはこんな場所に客集まるのか?と疑ってしまうような無謀な立地に感じました。10年足らずで潰れてしまったことを考えても、案の定やはりこの「新天地」を選んだのは間違いだった、のかもしれませんね…。
  • にーと 2023年10月10日 at 1:49 PM on 亀石峠|ウワサの心霊話その少年、私の親戚の友人…かもしれないです。 遠い親戚なんですけど、話を聞くと「虫取りをしてくる」と4時くらいに言い、帰ってこなかったそうです。 ランニングシャツというのは、もしかしたら少年期によく着たタンクトップなのかもしれないです…
  • Shawn Barclay 2022年10月18日 at 2:35 PM on ヒートゥー島|ウワサの心霊話翻訳で申し訳ありませんが、神社がどのように乱れたかを知りたいです。 神社へのお供えは? 神社にはまだ提灯や龍の花瓶がありますか? ノロワ島に戻って神社の写真を撮ってもらえませんか? 可能であれば補償する(あなたのためのお金) そこに戻ることに懸念がある場合は、問題ありません。 お知らせ下さい。 Best Regards,
  • なな 2024年4月6日 at 12:46 PM on 海風洋館プルメーリア(プルメリア)|ウワサの心霊話心霊ユーチューバー オウマガドキ そこでも プルメリア紹介されてます。 女の霊がしっかり写ってました。怖すぎです
  • TomTom兄やん 2024年5月13日 at 11:42 PM on 白子漁港|ウワサの心霊話三重県鈴鹿市白子に「野首谷」というバス停は昔も今も存在しません…。(ω・ )ゝ 「野首谷」というバス停があるのは鹿児島県です…。(ω・ )ゝ

【管理人】狐憑きのたる

 

 

全国のウワサの心霊スポットを調査し、その魅力と恐怖を皆さんにお届けしています。

 

幼少期から霊感が強く、沖縄ではサーダカー。(高生まれ)数年前に狐に憑かれたことから、狐憑きのたるという名にしています。