呪いの灯篭

呪われた灯篭は、壊れた姿のまま残されていた灯籠であるが、祟りにあうなどのウワサが流れ心霊スポットとなっていた。今回は、呪われた灯篭のウワサの心霊話を紹介する。

呪われた灯篭とは?

呪われた灯篭は、三重県松阪市にある交差点にある灯籠。

江戸時代、この灯籠の場所で行き倒れになった男(旅人)がいたのだが、誰も助けてくれず「触りたくなかったら、触らなくていい」と言い残し亡くなったそうだ。

以来、この灯籠に触れると祟りがあると云われるようになったそうだ。

弘化4年(1847年)に建てられたとの記録があるようであるが、それ以前については定かではなく、伝承が事実か不明である。

呪われた灯籠は壊れた状態で不自然に残されていた。だが、2014に撤去され、現在は駐車場になっている。

呪われた灯篭の心霊現象

呪われた灯篭の心霊現象は、

  • 男性の霊が立っている
  • 肩を掴まれる

である。この場所で亡くなった男性の霊が現れるという話が有名で、何者かに肩を掴まれた体験をした者もいるらしい。

実際に撤去する前の2014年以前の話であると思われるが、触ると呪われて死ぬなどとウワサされることもあり、工事関係者がこの灯籠を撤去しようとした際に倉庫が火事になったり、関係者が不幸に見舞われるなどの奇妙な現象が発生したため残されていると云われていた。

灯籠が撤去されることになった原因は、交通量が多いこの場所では交通事故などが度々発生しており死者も出た事故もあることが理由の1つとされ、道路拡張の計画のためだという。

祟りがあるなどと云われお供え物などもされていたが、2014年にお祓いをして撤去された。

呪われた灯篭の場所・アクセス・地図

呪われた灯篭の住所 〒515-0063 三重県松阪市大黒田町 大黒田新田
交通アクセス 津市から国道23号 経由で26分
最寄りのバス停 黒田新田(徒歩2分)和歌山街道/国道166号 経由
最寄り駅 松阪駅(徒歩28分)新町通 経由

呪われた灯篭の地図(Googleマップ)

関連記事

この記事へのコメントはありません。

  • ハルシオン 2023年7月16日 at 9:33 PM on パチンコ新天地(廃パチンコ店)|ウワサの心霊話先月通りかかったら、どうやら解体が始まったのか建物が壊されていましたね。 昨年の春、深夜3時過ぎにこそっと忍び込んだことがあるのですが、30年近く前のパチスロが出入口に捨てられ無惨な姿になっているのを見てゾクッとしました。残されたままのイス、ぽつりと残されたドル箱、閉店直前から止まったままのカレンダー、いろんなものに寂しさを感じました。 オープン当時は経済としてのバブルは崩壊真っ只中でしたが、奇しくもこの頃は空前のパチスロブーム到来の時期でもありパチンコ業界にとってはバブル期でした。当時の道路交通事情がよく分からないのでなんとも言えませんが、今となってはこんな場所に客集まるのか?と疑ってしまうような無謀な立地に感じました。10年足らずで潰れてしまったことを考えても、案の定やはりこの「新天地」を選んだのは間違いだった、のかもしれませんね…。
  • にーと 2023年10月10日 at 1:49 PM on 亀石峠|ウワサの心霊話その少年、私の親戚の友人…かもしれないです。 遠い親戚なんですけど、話を聞くと「虫取りをしてくる」と4時くらいに言い、帰ってこなかったそうです。 ランニングシャツというのは、もしかしたら少年期によく着たタンクトップなのかもしれないです…
  • Shawn Barclay 2022年10月18日 at 2:35 PM on ヒートゥー島|ウワサの心霊話翻訳で申し訳ありませんが、神社がどのように乱れたかを知りたいです。 神社へのお供えは? 神社にはまだ提灯や龍の花瓶がありますか? ノロワ島に戻って神社の写真を撮ってもらえませんか? 可能であれば補償する(あなたのためのお金) そこに戻ることに懸念がある場合は、問題ありません。 お知らせ下さい。 Best Regards,

カテゴリー

【狐憑きのたる】

沖縄生まれのサーダカー。全国のウワサの心霊スポット情報を調べてまとめています。