土場隧道

土場隧道は、県境近くにあるトンネルであるが、老婆の霊が出るとウワサされ、心霊スポットとして有名である。今回は、土場隧道のウワサの心霊話を紹介する。

土場隧道とは?

土場隧道は、三重県熊野市にあるトンネル。

昭和33年(1958年)竣工、延長182mあり有効高3.8m、幅員5.8mである。2017年に新たにトンネル(新土場トンネル)が開通したため、今後廃道になると予想されている。

和歌山県・奈良県の県境が近く、付近に七色ダムがある。

土場隧道の上に行くと廃道(明治隧道)があるらしく、初代土場隧道とも呼ばれているそうだ。

その場所は、石で巻かれたアーチとなっており、モルタルが使用されているらしい。造られて100年以上経過していると思われている。

土場隧道の心霊現象

土場隧道の心霊現象は、

・老婆の霊が出る

である。このトンネルでは、老婆の霊が出るとウワサされており、近くで自殺した者の霊ではないかと云われている。

理由は不明だが、霊障も起こるとされ、体調不良や頭痛が起こるという。

肝試しで訪れた者の中には、トンネル内で謎の音が聞こえたという体験をした者も。人の気配がすることもあるらしく、空気感が冷たく不気味な雰囲気があるという。

足音やラップ音が聞こえることも多々あり、トンネル内のシミが人の形に見えるという話も。

Amazonおすすめ『三重の怖い話

Amazonで買う

土場隧道の場所・アクセス・地図

土場隧道の住所 〒519-4442 三重県熊野市神川町神上
交通アクセス 津市から県道42号 と 県道118号 経由で1時間2時間14分
最寄りのバス停 上桑原(徒歩1時間7分)国道169号 経由
最寄り駅 駅は近くにない

土場隧道の地図(Googleマップ)

関連記事

この記事へのコメントはありません。

  • ハルシオン 2023年7月16日 at 9:33 PM on パチンコ新天地(廃パチンコ店)|ウワサの心霊話先月通りかかったら、どうやら解体が始まったのか建物が壊されていましたね。 昨年の春、深夜3時過ぎにこそっと忍び込んだことがあるのですが、30年近く前のパチスロが出入口に捨てられ無惨な姿になっているのを見てゾクッとしました。残されたままのイス、ぽつりと残されたドル箱、閉店直前から止まったままのカレンダー、いろんなものに寂しさを感じました。 オープン当時は経済としてのバブルは崩壊真っ只中でしたが、奇しくもこの頃は空前のパチスロブーム到来の時期でもありパチンコ業界にとってはバブル期でした。当時の道路交通事情がよく分からないのでなんとも言えませんが、今となってはこんな場所に客集まるのか?と疑ってしまうような無謀な立地に感じました。10年足らずで潰れてしまったことを考えても、案の定やはりこの「新天地」を選んだのは間違いだった、のかもしれませんね…。
  • Shawn Barclay 2022年10月18日 at 2:35 PM on ヒートゥー島|ウワサの心霊話翻訳で申し訳ありませんが、神社がどのように乱れたかを知りたいです。 神社へのお供えは? 神社にはまだ提灯や龍の花瓶がありますか? ノロワ島に戻って神社の写真を撮ってもらえませんか? 可能であれば補償する(あなたのためのお金) そこに戻ることに懸念がある場合は、問題ありません。 お知らせ下さい。 Best Regards,

カテゴリー

【狐憑きのたる】

沖縄生まれのサーダカー。全国のウワサの心霊スポット情報を調べてまとめています。

YouTubeで心霊考察チャンネルを運営中。