白梅の塔

白梅の塔は、ひめゆりの塔同様に多くの犠牲者を出した悲劇の場所である。今回は、白梅の塔のウワサの心霊話を紹介する。

白梅の塔とは?

白梅の塔は、16人の学生隊が辿り着いた最後の場所である。

自然壕(上の壕、下の壕)の上の壕には食料弾薬倉庫があり、下の壕には負傷した兵隊の看護場所になっていた。

米軍の激しい攻撃を受けた壕は、16人の内10人が犠牲となった。現在、他の場所で戦死した学校関係者149名と共に合祀されている。

ひめゆりの塔は観光客で溢れているが、こちらの白梅の塔は閑散としている為、混雑を避けて祈りたい方におすすめしたい。駐車場も完備している。

白梅の塔の心霊現象

白梅の塔の心霊現象は、

  • 悲痛の声が聞こえる
  • 女学生の霊がでる

である。白梅の塔の近くにも自然壕があり、その中では火炎放射器などで亡くなった者も多々いるとのこと。

自決で亡くなった者もおり、空気が重く遊び半分で行く場所ではない。

夜にこの場所に訪れた者の中には、苦しんでいる霊の声が聞こえたという話も。

白梅の塔の場所・アクセス・地図

白梅の塔の住所 〒901-0362 沖縄県糸満市真栄里
交通アクセス 那覇市から国道331号 経由で25分
最寄りのバス停 田原入口(徒歩8分)
最寄り駅 近くに駅はない

白梅の塔の地図(Googleマップ)

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

最近の記事

  1. 首吊り鉄塔
  2. 海沢隧道
  3. 小平霊園
  4. 三宝寺池
  5. 戸山公園

【管理人】狐憑きのたる

 

 

全国のウワサの心霊スポットを調査し、その魅力と恐怖を皆さんにお届けしています。