ホテルダイヤランド跡地

静岡県田方郡函南町にあった「ホテルダイヤランド(ホテルシンフォニー)」は、建物が廃墟となった後も、男性の霊がうろつくというウワサが残り、心霊スポットとして注目されている。今回は、ホテルダイヤランド跡地のウワサの心霊話を紹介する。

ホテルダイヤランド跡地とは?

静岡県田方郡函南町の別荘地内にあった「ホテルダイヤランド(ホテルシンフォニー)」は、突然現れた住宅街にあるホテルである。

昭和48年(1973年)7月17日に開業し、地上7階建て地下2階建てで、洋室35室、和室4室を備え、コテージ、プール、バーベキュー場などもある。

エースガイド伊豆・箱根・富士には「長期滞在向きリゾート」「南箱根ゴルフクラブ隣接、ゴルフの宿に」「7階、47室」と紹介されていたそうだ。

平成5年(1993年)1月頃に閉館し、その後は荒れた状態になった。

名称とエントランスの表示が異なるため、「ホテルダイヤランド」「ホテルシンフォニー」と二つの名称で呼ばれ、プールは自然の池のようになっていたそうだ。

平成25年(2013年)11月時点で解体工事が進んでおり、平成26年(2014年)4月までに解体された。

また、隣接する「南箱根ダイヤランド岡本ホテル」も閉業しましたが、その後リニューアルオープンしている。

ただし、この「南箱根ダイヤランド岡本ホテル」は「岡本倶楽部」という預託金商法の岡本ホテルグループの一部だった。

ホテルダイヤランド跡地の心霊現象

ホテルダイヤランド跡地の心霊現象は、

  • 霊道となっている
  • 男性の霊がうろついている

である。1993年に閉鎖された後、この建物は廃墟となり、廃墟好きの人たちの間では人気のスポットとなったらしい。

一部では、ホテル内が霊道になっているというウワサもあり、男性の霊がうろつく姿も目撃されていたという。

建物はひどく荒れ果て、多くの落書きがされており、不気味な雰囲気も漂っている。

現在は更地となっているが、未だウワサが残っている。

肝試し体験、『死』の文字と不気味な現象

ある高校生たちは、廃墟と化したホテルダイヤランドに肝試しにやってきた。

携帯の明かりを頼りに建物内を歩いていくうちに、フロント付近で鐘の音のようなものが聞こえてきた。

それに気づいた彼らは、不思議な現象に驚いた。

彼らは友人たちと話し合いながら、2階の廊下に進んでいった。そこには「死」という文字が書かれているのを見つけた。

そして、カラスの死骸があったため、彼らは恐怖に駆られ絶叫しながら、建物から出ようとした。

だが、建物を出る際、彼らは何かに邪魔されているような感覚に襲われた。

不気味な気配がして、彼らは足早に逃げることにした。

後に、彼らはその建物が、霊的なものが残っているという噂を聞いた。

それが、建物内で聞こえた音や、不思議な気配の正体だったのかもしれない。

ホテルダイヤランド跡地の場所・アクセス・地図

ホテルダイヤランド跡地の住所 〒419-0107 静岡県田方郡函南町平井1753−208
交通アクセス 富士市から東名高速道路と伊豆縦貫自動車道/国道1号 経由で約54分
最寄りのバス停 高原通り(徒歩9分)
最寄り駅 函南駅(徒歩2時間18分)県道135号 経由(車で18分)

ホテルダイヤランド跡地の地図(グーグルマップ)

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

最近の記事

  1. 首吊り鉄塔
  2. 海沢隧道
  3. 小平霊園
  4. 三宝寺池
  5. 戸山公園

【管理人】狐憑きのたる

 

 

全国のウワサの心霊スポットを調査し、その魅力と恐怖を皆さんにお届けしています。