海辺の廃牛舎

海辺の廃牛舎には、忘れられた過去と不可解な現象が交錯する。何十年もの歳月を経て、その姿は荒廃し、倒壊が進む中、驚くべき絵画が描かれているという。今回は、海辺の廃牛舎のウワサの心霊話を紹介する。

海辺の廃牛舎とは?

潮風が吹き抜ける海辺に立つ、忘れられた牛舎。

新潟県三島郡出雲崎町勝見に位置するこの建物は、いくつかの場合に「海辺の廃牛舎」として言及されている。

時は1970年代。この牛舎は静かな海岸線にそびえ立ち、海と風と共に年月を過ごしてきた。

しかし、その姿は1970年代から変わっていない。

壁面はほとんどなく、骨組みが剥き出しになっているという。

2019年5月、私たちはこの牛舎を訪れた。

時の流れと共に倒壊が進み、二階建ての部分はほぼ崩壊してしまっていた。

植物が建物を徐々に取り込み、自然の中に埋もれつつある。

国道352号線や北陸道から見ると、倒壊の兆候が明らかだった。

屋根は傷つき、壁面は欠け、建物全体が荒れ果てていた。

周囲には2009年から存在する「出雲崎夕日ヶ丘キャンプ場」が広がっており、海岸沿いにはロッジ兼食堂のような建物がある。

そして、牛舎跡のそばには看板が設置され、この場所の過去と現在が対照的に語られている。

海辺の廃牛舎の心霊現象

海辺の廃牛舎の心霊現象は、

  • ホテル・セリーヌに描かれている娼婦絵と同じものが描かれている

である。海岸沿いにそびえる廃牛舎。その骨組みは倒壊し、かつての面影はどこにもない。

しかし、この廃牛舎には恐るべき絵が描かれているというウワサが広まっている。

1970年代に建てられたと言われるこの廃牛舎。何十年もの間、孤独な海辺に立ち続けてきた。

心霊現象の話はほとんど聞かれないが、その不気味な存在感は人々の心を掴む。

ところが、ここにはなんと、全国的に有名な心霊スポットである「ホテル・セリーヌ」に描かれている妊婦絵と同じものが描かれているという。

ホテル・セリーヌがあるのは遠く離れた長野県だ。

だが、その絵が海岸の廃牛舎に描かれているというのだから、その背後にはどんな不可解な事情があるのか。

現在は廃墟と化したその廃牛舎。

しかし、その中に妊婦絵がどこに描かれているのか、誰も知ることができない。

ウワサが真実であるならば、その絵は不気味な真実を語ることになるだろう。

廃牛舎の秘密

海辺の廃牛舎の近くに住む青年、太郎は、友人の真吾と共にウワサの廃牛舎に興味を持っていた。

二人は、ある晩、廃牛舎の近くにある岩場に座り、不気味な話に耳を傾けていた。

「太郎、あの廃牛舎にはどうやらホテル・セリーヌに描かれている妊婦の絵と同じものがあるらしいぜ。」真吾が囁いた。

太郎は興味津々で答えた。「本当かい?それなら見に行くべきだな。」

そう話しているうちに、彼らの心には冒険の興奮が高まっていった。

次の日、太郎と真吾は、廃牛舎に向かった。

海岸沿いに佇む廃牛舎は、荒廃した姿が海風にさらされ、荒れ果てた場所に佇んでいた。

二人は不気味な空気を感じながらも、廃墟の中に足を踏み入れていった。

廃牛舎の中には、倒壊した壁と薄暗い空間が広がっていた。

探検を始めた太郎と真吾は、廃墟の中を進んでいく。

「あの妊婦の絵はどこだろう?」太郎が真吾に尋ねた。

すると、廃墟の奥に一枚の絵が見えた。二人は興奮し、その絵の前に立った。

しかし、そこに描かれていたのは、見たこともない異様な絵だった。

妊婦の絵ではなく、不気味な目をした男の絵が描かれていた。

「これは…」真吾が囁いた。

その時、廃牛舎の中に異変が起きた。

突然、奇妙な声が聞こえ、二人の周りに冷たい空気が立ち込めてきた。

恐怖におびえる二人は、一瞬のうちに廃牛舎を飛び出し、海岸の方へ駆け出した。

廃牛舎を後にした太郎と真吾は、その日の出来事を決して忘れることはなかった。

彼らが見たのは、ただの絵ではなく、不気味な真実だったのだ。

海辺の廃牛舎の場所・アクセス・地図

海辺の廃牛舎の住所 日本、〒949-4309 新潟県三島郡出雲崎町勝見
交通アクセス 新潟市から北陸自動車道 経由で1時間9分
最寄りのバス停 近くにバス停はない
最寄り駅 小木ノ城駅(徒歩1時間22分)県道336号 経由

海辺の廃牛舎の地図(Googleマップ)

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

最近の記事

  1. 水元公園
  2. 八王子城跡
  3. 青蓮寺湖
  4. 九十九橋
  5. 魚津城跡
  • ハルシオン 2023年7月16日 at 9:33 PM on パチンコ新天地(廃パチンコ店)|ウワサの心霊話先月通りかかったら、どうやら解体が始まったのか建物が壊されていましたね。 昨年の春、深夜3時過ぎにこそっと忍び込んだことがあるのですが、30年近く前のパチスロが出入口に捨てられ無惨な姿になっているのを見てゾクッとしました。残されたままのイス、ぽつりと残されたドル箱、閉店直前から止まったままのカレンダー、いろんなものに寂しさを感じました。 オープン当時は経済としてのバブルは崩壊真っ只中でしたが、奇しくもこの頃は空前のパチスロブーム到来の時期でもありパチンコ業界にとってはバブル期でした。当時の道路交通事情がよく分からないのでなんとも言えませんが、今となってはこんな場所に客集まるのか?と疑ってしまうような無謀な立地に感じました。10年足らずで潰れてしまったことを考えても、案の定やはりこの「新天地」を選んだのは間違いだった、のかもしれませんね…。
  • にーと 2023年10月10日 at 1:49 PM on 亀石峠|ウワサの心霊話その少年、私の親戚の友人…かもしれないです。 遠い親戚なんですけど、話を聞くと「虫取りをしてくる」と4時くらいに言い、帰ってこなかったそうです。 ランニングシャツというのは、もしかしたら少年期によく着たタンクトップなのかもしれないです…
  • Shawn Barclay 2022年10月18日 at 2:35 PM on ヒートゥー島|ウワサの心霊話翻訳で申し訳ありませんが、神社がどのように乱れたかを知りたいです。 神社へのお供えは? 神社にはまだ提灯や龍の花瓶がありますか? ノロワ島に戻って神社の写真を撮ってもらえませんか? 可能であれば補償する(あなたのためのお金) そこに戻ることに懸念がある場合は、問題ありません。 お知らせ下さい。 Best Regards,
  • なな 2024年4月6日 at 12:46 PM on 海風洋館プルメーリア(プルメリア)|ウワサの心霊話心霊ユーチューバー オウマガドキ そこでも プルメリア紹介されてます。 女の霊がしっかり写ってました。怖すぎです
  • TomTom兄やん 2024年5月13日 at 11:42 PM on 白子漁港|ウワサの心霊話三重県鈴鹿市白子に「野首谷」というバス停は昔も今も存在しません…。(ω・ )ゝ 「野首谷」というバス停があるのは鹿児島県です…。(ω・ )ゝ

【管理人】狐憑きのたる

 

 

全国のウワサの心霊スポットを調査し、その魅力と恐怖を皆さんにお届けしています。

 

幼少期から霊感が強く、沖縄ではサーダカー。(高生まれ)数年前に狐に憑かれたことから、狐憑きのたるという名にしています。