二ヶ用水隧道跡

二ヶ用水隧道跡には、歴史と神秘が交差する。ここで繰り広げられる不思議な出来事と、霊的な体験が人々を惹きつけているという。今回は、二ヶ用水隧道跡のウワサの心霊話を紹介する。

二ヶ用水隧道跡とは?

天狗壁には4つのトンネルがある。

一番古いのは弘化4年(1848年)に作られた二ヶ用水の隧道で、他に明治32年(1899年)の宮竹用水隧道、昭和6年(1931年)の北陸鉄道能美線のトンネル、そして昭和44年(1969年)に開通した林道(鍋谷和佐谷線)のトンネルである。

二ヶ用水隧道は江戸時代に作られた。

岩本と灯台笹の両村が加賀藩の許可を得て、椎名道三の指導のもと、手取川沿いに掘られた。

この隧道は明り取りと水量調整のための小窓があり、明治14年(1881年)に手取川の水位が下がったために使えなくなった。

その後、宮竹用水隧道ができた時には取水口管理の通路として使われた。

この場所では石材の切り出しも行われ、その痕跡が今も残っている。

古代から近代にかけての人々の活動が今に伝わっている。

信仰の中心でもありつつ、人々の生活様式の変化に合わせてトンネルが作られてきた歴史もある。

この地域は人々の生活に大きな影響を与えてきた場所なのである。

二ヶ用水隧道跡の心霊現象

二ヶ用水隧道跡の心霊現象は、

  • 不思議な気配を感じる

二ヶ用水隧道跡周辺では、しばしば霊が目撃されるとの言い伝えがある。

特に霊感の強い人が近づくと、不思議な気配を感じたり、気分が悪くなることもあると云われている。

この地域には、心霊現象が報告されている場所がいくつかあるらしい。

その中には、「天狗橋」として知られる場所や、廃線となった北陸鉄道能美線のトンネルが含まれている。

これらの場所は、その歴史や雰囲気から、超常現象や霊的な体験が起こると伝えられている。

不気味な探検 二ヶ用水隧道跡での若者たちの奇妙な体験

探求心旺盛な若者たちが二ヶ用水隧道跡を訪れる。

夜の静寂の中、若者たちが二ヶ用水隧道跡に到着した。

太郎「ここって心霊現象の噂があるんだよね。」 

佐藤「そうだ。霊感の強い人が来ると気分が悪くなるって聞いたよ。」 

太郎「本当かな?ちょっと怖いな…」 

雄大「大丈夫、僕らが一緒に来れば大丈夫さ。」

太郎「なんだか怖いな…」 

雄大「でもさ、何か感じるものがあるような気がしないか?」 

佐藤「うん、なんだか不可思議な雰囲気だね。」

 太郎「ちょっと聞こえたような、聞こえなかったような…不気味な音がした気がする。」 

雄大「本当だ、なんだろう?」

彼らは少し戸惑いながらも、興味津々でさらに深く探検を進めていきました。

息を潜めて耳を澄ませると、再び不気味な音が聞こえてきました。

佐藤「あれ、今度はっきりと聞こえた気がする…」 

太郎「何かが起きる予感がする。」

彼らは不気味な雰囲気に包まれながらも、驚きと興奮を抱えながら、不思議な体験を待ちわびていたのである…。

二ヶ用水隧道跡の場所・アクセス・地図

二ヶ用水隧道跡の住所 日本、〒923-1207 石川県能美市岩本町
交通アクセス 金沢市から県道45号 経由で27分
最寄りのバス停 本鶴来(徒歩10分)県道45号 と 県道4号 経由
最寄り駅 鶴来駅(徒歩17分)県道45号 と 県道4号 経由

二ヶ用水隧道跡の地図(Googleマップ)

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

最近の記事

  1. 首吊り鉄塔
  2. 海沢隧道
  3. 小平霊園
  4. 三宝寺池
  5. 戸山公園

【管理人】狐憑きのたる

 

 

全国のウワサの心霊スポットを調査し、その魅力と恐怖を皆さんにお届けしています。